すみくにぼちぼち日記

メキシコ生活や欧米旅行記、語学、大学、美術館について

文学部英文学科と外国語学部英米学科の違いとは-文学部は文学を外国語学部は社会科学を研究する

大学で外国語を学びたい場合に迷うのが文学部○○文科にするか外国語学部○○学科にするかということ。同じ大学に文学部英文科と外国語学英米学科が有る場合などもあり、その違いがよく分からないということも多々あります。

この記事ではそんな文学部と外国語学部の違いを例を用いてご紹介します。

f:id:k-heki:20200810023102j:plain

 

文学部英文学科と外国語学英米学科の違いとは

外国語を使った研究をしたい場合に、文学部の英文科や仏文科と外国語学部の英米やフランスが選択肢に上がってくることがあります。

文学部も外国語学部もどちらも言葉・文学・文化などを研究対象としている学部ですが、実は文学部英文科でも研究する内容と外国語学英米学科で研究する内容は大きく異なっています。

その違いを簡単に説明すると、文学部は文学・文化・言語・言語教育に特化した学部で外国語学部は専攻言語地域を学ぶ地域研究に特化した学部であるといえます。

この記事では文学部と外国語学部の研究内容の違いについてご紹介します。

 

文学部とは文学を研究する-英米文学,フランス文学,ドイツ文学など

f:id:k-heki:20200810024441j:plain

文学部の英文学科や仏文学科などは主に文学と言語学を勉強する学科です。特に小説・詩・劇といった従来の文学作品や、絵画、音楽、舞台芸術、映画、ジャーナリズムなど、専攻言語に関連する様々な文化領域が研究の対象です。

たとえば英米文学ならシェイクスピアを原書で学んだり、ターナーなどの芸術家について研究するなどが代表的な研究内容です。古典文学や文化芸術だけでなく現代文学やメディアなども研究し、深い教養を身につけることを目指します。

言語学や言語教育も文学部の研究には欠かせない分野です。英語と日本語の文法や表現、音声の比較によって言語の持つ特徴を研究したり、社会における言語の役割、コミュニケーションの仕組みも学びます。バイリンガル教育や英語学習のメカニズム、学習を促進のための動機付けの仕組みなど言語獲得についての研究も行います。

つまり文学部は文学・文化・言語・言語教育に特化した学部であるということができます。

 

国語学部は地域研究-歴史学,政治学,社会学,言語学,経済学,文学など

f:id:k-heki:20200805102054j:plain

国語学部は基本的には地域言語ごとに学科が分かれています。例えばドイツ語、スペイン語、英語、中国語などがその代表です。

文学部が上述のように文化が言語・言語習得に重点を置いているのに対し、外国語学部はより社会学に近い領域に重点が置かれています。つまり、専攻言語を使って地域研究を行う学部だということができます。

例えば英米学科なら、英語の文献(原書)を使ってイギリスやアメリカ、コモンウェルスの政治、文化、文学、言語学、経済などを多面的に学び、その地域のスペシャリストを目指します。

特に1年生、2年生では概論と言う基礎科目を履修し、3年生、4年生でより専門的に分野を定めて研究します。1,2年生で政治、文化、文学…を一通り学び、3,4年生で、「イギリス政治」、「英語社会言語学」など、専門分野を研究するのです。

つまり、国語学部は専攻言語地域を学ぶ地域研究に特化した学部であるといえます。

 

※外国語学部をの詳しい説明はこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

文学部の文学研究と外国語学部の文学研究の違い

f:id:k-heki:20200810023907j:plain

文学部は文学や文化、外国語学部は社会科学と説明しましたが、実は外国語学部にも文学研究を行う場が用意されています。

文学部の文学研究と外国語学部の文学研究の差は、文学部は文学そのものが研究対象なのに対し、外国語学部は文学が書かれた時代背景や文学の中に書かれている社会的な要素が研究対象となることが多いことです。

たとえば文学部では文学研究を行う場合に文学の内容や使用されている言い回し、古典表現・現代表現などに注目することが多いのですが、外国語学部の文学研究はその時代のジェンダー観や人種観、政治的背景など社会的な背景に注目すことが多いです。

勿論文学部で社会的背景に注目することもありますし、外国語学部で文学自体を研究することもあるので、一概には言えませんが、そういう傾向があります。

私は外国語学部で英文学の授業を履修してことがありますが、「ジェーンオースティンとイギリスの女性観の変遷」、「映画『ティファニーで朝食を』に見る米国の人種観」などのテーマを勉強しました。

 

文学部と外国語学部で同じ科目も

文学部と外国語学部の違いがはっきりしてきましたが、どちらの学部でも同じようなことを学ぶチャンスはあります。

英文科でもイギリス政治、歴史、言語学、経済学などの授業は用意されていることが多いですし、外国語学英米学科にも文学や英語教育の授業はあります。

ただ、やはり3年生、4年生と専門性が高まるにつれて違いが顕著になっていくので、文学部と外国語学部の違いをしっかりと理解して学部を選ぶことは、自分が本当に学びたいことを学ぶためには非常に大切だということができます。

 

就職について

就職に関しては殆ど違いは有りません。

メーカー、商社、物流、金融など、幅広い分野の企業に就職することが可能です。

文学部も外国語学部も英語や他の語学が得意な学生が多いということもあり、国際系の部門に配属される可能性は高いということができます。

また、教師や公務員を目指す学生も多いです。

 

留学について

f:id:k-heki:20200727084910p:plain

留学は外国語学部や文学部がある大学であれば協定校がある場合が多いです。また、協定校が無い場合にも1年間休学して留学する学生や長期休暇に1ヶ月、2ヶ月の短期留学する学生、海外ボランティアを行う学生も沢山いるので留学の面ではどちらも充実しているということができます。

一方で、私立と国公立で休学時の費用が変わる(私立は一部支払い、国公立は無料)ので、その点に関して大学選びでは注意が必要です。

 

文学部(英文,仏文等)がある国公私立大学例

文学部英文科が設置されている国公立大学

東京大学お茶の水女子大学都留文科大学名古屋大学奈良女子大学京都大学京都府立大学などがあります。

文学部英文科(仏文・独文)がある私立大学は

青山学院大学、法政大学、明治大学立教大学学習院大学同志社大学関西学院大学などです。

国語学部がある国公私立大学例

国語学部が設置されている国公立大学

東京外国語大学愛知県立大学大阪大学、神戸市立外国語大学、北九州市立大学の5校です。

国語学部がある私立大学は

神田外国語大学、上智大学獨協大学南山大学名古屋外国語大学名城大学関西大学関西外国語大学西南学院大学などが挙げられます。

 

終わりに

今回は文学部○○文科と外国語学部○○学科の違いについてご紹介しました。

文学部は文学・文化・言語教育などの研究に重点が置かれた学部、外国語学部は政治・社会・経済・言語学などを主に勉強する学部です。

どちらの学部も外国語を磨き、外国語で学ぶという点においては似ていますが、物事に対するアプローチの仕方はそれぞれに特徴がありますので、学部選びの際は研究できる内容と研究対象を事前に調べてから検討するのがいいのかなと思います。

 

※外国語学部と国際学部の違いはこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

※大学受験の勉強法はこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村