すみくにぼちぼち日記

メキシコ生活や欧米旅行記、語学、大学、美術館について

メキシコのスペイン プエブラを観光-メキシコプエブラ旅行記(2019/03)

ヨーロッパ調の建物がスペインを想起させるプエブラ。町の設立は1531年。コロンブスによるアメリカ大陸"発見"が1492年なので、アメリカ大陸へヨーロッパ人が入植し始めて初期の頃に設立された町だと分かります。

今回はそんな歴史ある都市プエブラをご紹介。

f:id:k-heki:20190331075604j:image

 

メキシコのスペイン プエブラを観光

プエブラはメキシコ19世紀後半には多くのヨーロッパ人そしてレバノン人の移民が多く移住し、現在の独特の食文化を形作りました。

自動車産業が盛んで、フォルクスワーゲンの工場があり、この工場でアメリカ・日本向けの車種が多く生産されています。

そんなプエブラを1日観光してきました。

 

旅の始まり-中央広場「ソカロ」

プエブラ到着後にまず訪れたいのが、町の憩いの場ソカロ(中央広場)。ソカロは人々がくつろぐ生活の場であり、外せない観光スポットです。

f:id:k-heki:20190331075651j:image

ソカロは緑が美しく、市民が集い、思い思いの時間を過ごしています。

f:id:k-heki:20190331075710j:image

ヨーロッパ調の建物が美しい。

f:id:k-heki:20190331093735j:plain

 

外見も内面も素敵なカテドラル

そして、ソカロな正面に堂々と佇むのはプエブラのシンボル、カテドラル(大聖堂)です。

f:id:k-heki:20190331081303j:plain

外見は歴史を感じさせる重厚さがあり、荘厳なカテドラルです。

f:id:k-heki:20190331075813j:image

 

カテドラル内部は静謐な雰囲気です。内装の装飾も見ごたえがあります。

f:id:k-heki:20190331075843j:image

白を基調とした美しい内装。

f:id:k-heki:20190331075904j:image

ラテンアメリカのメキシコですが、プエブラのカテドラルには西洋的な美しさがありました。

f:id:k-heki:20190331080008j:image

 

北部スペインと見間違えるようなプエブラの町並み

続いてはソカロを中心に町歩き。プエブラではヨーロッパをそのまま移植したような、美しい町並みを体験することができます。

f:id:k-heki:20190331080111j:image

歴史を感じさせる建物が多く、とても美しい町並みです。

f:id:k-heki:20190331080131j:image

プエブラはメキシコの中でも特に教会が多い街だそうで、教会を巡ってみるのも楽しいかもしれません。

f:id:k-heki:20190331082609j:plain

ヨーロッパ調の町の中にもカラフルな建物があったりと、メキシコらしさも楽しむことができました。

f:id:k-heki:20190331082236j:plain

綺麗な町並みは歩いているだけで楽しかったです。

f:id:k-heki:20190331082413j:plain

 

プエブラ凱旋門

町の入り口には凱旋門があります。昔はこの凱旋門をくぐると町が広がり、凱旋門から後ろは森や広大な大地でした。

f:id:k-heki:20190331080225j:image

 

エスタディオ・クアウテモック-プエブラのサッカースタジアム

こちらはプエブラのサッカースタジアム。メキシコオリンピックのサッカースタジアムの1つとして建設されました。近代的な建築様式が印象的です。

f:id:k-heki:20190331080254j:image

 

プエブラの会戦」記念碑

プエブラの会戦はナポレオン3世率いるフランス軍がメキシコに攻め込んだ侵略戦争です。この戦争に勝利し、フランスの植民地となるのを避けることができました。

f:id:k-heki:20190331080343j:image

 

異色のプエブラグルメ

プエブラといえば独特の料理が有名な町。プエブラで頂けるグルメをご紹介します。

タコスアラベ-ナン風の生地を使ったタコス

先述した、レバノン人の移民によって、タコスにも変化が起こりました。こちらが、ナンの生地を模したタコス。このタコスは「アラベ(アラビアの意)」と呼ばれます。

味も少しアジアンなテイストで、とても美味しいです。プエブラ出張のときは絶対に食べるタコスです。

f:id:k-heki:20190331080518j:image

セミータス-メキシコ風サンドイッチ

こちらはセミータスと呼ばれるサンドイッチ。中にはチーズ、野菜、アボカド、お肉が入ります。月並みな言葉ですが、とても美味しいです。

f:id:k-heki:20190331080541j:image

モレ・ポブラーノ-チョコソースが美味しい

モレ・ポブラーノも欠かせません。お肉にチョコレートソースがかかった料理で、プエブラの代表的な料理です。チョコレートといっても甘くはありません、カカオの風味が楽しめるソースとなっています。

f:id:k-heki:20190331080608j:image

 

プエブラでの食事はソカロのバルコニー席がおすすめ

プエブラで食事に困ったときは、ソカロのバルコニー席がおすすめ。

f:id:k-heki:20190331080856j:image

ソカロを囲むようにレストランが立ち並んでおり、二階のバルコニー席で食事を楽しむことができます。

f:id:k-heki:20190331080924j:image

 

プエブラへのアクセス

プエブラの難点は飛行機でのアクセスが悪いところ。モンテレイから直通便が出ていますが、観光ではメキシコシティからバスがお勧めです。メキシコシティ空港から「エストレージャ・ロハ」というバス会社のバスが出ています。

f:id:k-heki:20190331080641j:image

座席はゆったりで、USBでの充電も可能です。メキシコシティからバスで2時間半ほどで行くことができます。

f:id:k-heki:20190331080706j:image

 

終わりに

プエブラはメキシコの中でも特にお勧めの町。教会の数がとても多く、教会めぐりをするのも面白い町です。メキシコにご旅行の際は少し足を伸ばして、是非、プエブラ観光をご堪能ください。

 

※メキシコのティファナはこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

ブロトピ:海外旅行 

PVアクセスランキング にほんブログ村