すみくにぼちぼち日記

メキシコ生活や欧米旅行記、語学、大学、美術館について

ポルトガル語 発音と方言-ポルトガル ポルトガル語とブラジル ポルトガル語の違いとおすすめ

ポルトガル語は主にポルトガルとブラジル話されており、国と地域ごとに特徴的な方言があります。

この記事では、ポルトガル語の方言についてご紹介します。

 

f:id:k-heki:20201121104138p:plain

 

ポルトガル語 発音と方言-ポルトガル ポルトガル語とブラジル ポルトガル語の違いとおすすめ

ポルトガル語は本国ポルトガルだけでなく、ブラジルやアフリカの国々で使用される言語です。

そのため、ポルトガル以外のポルトガル語は標準ポルトガル語とは大きく異なっており、その国独特のアクセント、つまり方言が存在ます。

ポルトガル語を学びたいと思ったときに気になるのが、どの国のポルトガル語を学べばよいのかということ。

この記事では、ポルトガル語の方言と学ぶべき発音について書いていきます。

 

ポルトガル語の方言

ポルトガル語は話されている国によって方言があり、それぞれ異なった独特のリズムや発音を持っています。

大きく分けるとポルトガルのポルトガル語とブラジルのポルトガル語があり、この2つの発音や文法が異なります。

例えば、ポルトガル語でおはようは「bom dia(ボンディーア)」。 ブラジル人は「di」を「ヂ」により近い「dʒi」と発音しますが、ポルトガル人は英語の「th」の発音に近い「 ði」と発音します。

ポルトガルのポルトガル語はお隣のスペイン語やガリシア語に近い音となっており、スペイン語を勉強した人にとっては聞き取りやすい音です。

文法面では、ブラジルポルトガル語は基本的にtu と vosを使いませんが、ポルトガルのポルトガル語では使用するなどの違いがあります。

 

ポルトガル語のどの方言を学ぶか

ポルトガル語の場合、ポルトガルのポルトガル語(ポルポル語)とブラジルのポルトガル語(ブラポル語)のように教材自体が分かれているくらい、2つの間には違いが多くあるのですが、基本的にどちらか一つ分かっていればもう一つもしっかりと理解することができます。

ですので、どの方言を学ぶべきかというと、基本的には自分が興味がある国のポルトガル語を学ぶのがおすすめです。

 

ポルトガル語文法の教材

ポルトガル語の学習では、いろいろなおすすめ教材がありますが、文法のおすすめ教材は、『ニューエクスプレス プラス』シリーズ。

こちらの本を使って、これからご紹介する練習方法を試してみてください。

 

 

尚、ポルトガル語のおすすめ教材は、下記の記事で詳しく紹介していますので、是非参考にしてみてください。

 

※ポルトガル語おすすめ参考書はこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

 

オンラインポルトガル語の活用でトリリンガルに

ポルトガル語上達には、一人で勉強やポルトガル語の練習をした上で実際にポルトガル語話者と会話練習することが欠かせません。ネイティブが話す言葉を理解し、即座に返答するという練習を繰り返し行います。

現在はオンライン語学教室などが多く存在していますので、ポルトガル語会話の練習には最適。

質の高いオンラインレッスンが多く、オンライン教室を利用することで、家にいながらポルトガル語をしっかりと練習できます。

中でもポルトガル語を勉強したいと思ったときにはDMM英会話がおすすめ。

ポルトガル語専門ではないのですが、リーズナブルにポルトガル語のレッスンを受けることができます。

 

※DMM英会話のホームページはこちら

DMM英会話ホームページ 

 

※DMM英会話でのポルトガル語レッスンの感想はこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

ポルトガル語習得に必要な勉強時間

ここまで、ポルトガル語の方言についてご紹介しました。

いざ勉強を始めようとした時に気になるのが、どの位の期間この勉強を続ければよいのかというところ。

実は、1つの言語を習得するために必要な時間は、1000-3000時間だと言われています。

3000時間といえば、1日1時間の勉強で8年ほどかかる計算。中学から大学2年生くらいまで毎日1時間勉強すると1言語が身につく計算です。

1日2時間であれば4年、3時間なら2年半で身につくのが外国語。

今回ご紹介した文法、語彙、リスニング、スピーキングをそれぞれ1時間ずつ毎日勉強すれば、2年ほどでポルトガル語話者になることができます。

 

習得してからの維持も重要

外国語の習得も多くの時間を必要とするのですが、覚えてから使用していないと外国語はどんどん錆びていきます。

特に覚えた外国語を使用しない環境にいると急速に外国語能力が落ちていってしまうので、定期的に外国語に触れて、レベルを維持することもとても大切です。

本を読んだり、テレビを見たり、ラジオを聴いたりと、外国語に触れ続ける環境を自分で作るという意識で外国語と触れ合うのが良いかなと思います。

 

※外国語を忘れることについてはこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

終わりに

この記事では、ポルトガル語の方言と発音についてご紹介しました。

ポルトガル語は本国ポルトガルの他にもブラジルやアフリカの国々で話されている言語。そのため、方言も数多く存在し、それぞれが独自の進化を遂げています。

特にブラジルのポルトガル語は「ブラジルポルトガル語」としての地位を確立しており、ブラポル語の教材なども販売されています。

ポルトガル語を外国語として学ぶ場合には、自分の興味がある国のポルトガル語を学ぶという方法で言語を選ぶのがおすすめです。

 

※大学生におすすめなオンライン教室の情報サイトはこちら

くらする-やってみたいが見つかるオンライン教室の情報サイト

 

※トリリンガルになる勉強法はこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

※ロマンス諸語についてはこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村