すみくにぼちぼち日記

メキシコ生活や欧米旅行記、語学、大学、美術館について

トレド観光!グレコと古都- スペイン トレド旅行記(2011/03)

南欧スペインの古都トレド。 2011年から1年間かけて世界各国を遊学したその最初の国がスペインでした。 始まりの国スペインの中でも絶対に行く!と決めていたのがトレド。画家エル・グレコギリシャ出身の画家)が過ごした町。憧れの町に降り立った瞬間感じた高揚感は今も忘れられません。

 

f:id:k-heki:20190218135631j:plain

 

トレドへはマドリッドからRENFE(スペイン国鉄)で

トレドは首都マドリッドから電車で30分くらいの位置にある町です。マドリッドのアトーチャ駅から電車のRENFEで行きます。アトーチャ駅はこんな感じでした。

f:id:k-heki:20190218142947j:plain

マドリッド アトーチャ駅

 

スペインの国鉄であるRENFE は、マドリッドと各都市を結んでいます。マドリッド付近を走る近郊線と、バルセロナやアンダルシアなど、スペインの地方都市まで行くことができく長距離線があります。

f:id:k-heki:20190218143049j:plain

Renfe

 

 

トレドへは一時間に1本程度近郊線が走っており、連休中で無ければ特に予約の必要はありませんが、年末やクリスマスなど移動が多い時期については前日に予約するのがお勧めです。

f:id:k-heki:20190218135508j:plain

トレド駅

 

ムデハル様式の芸術的な駅舎

駅構内は美しく、駅舎自体が芸術品の様。トレド駅に到着した瞬間からドキドキが止まりません。

f:id:k-heki:20190218143216j:plain

トレド駅構内


内部はムデハル様式と呼ばれる、レコンキスタ以後、スペインに残った残留イスラム教徒の建築様式とキリスト教の建築様式が融合したスタイルで、とても美しい造りとなっています。

f:id:k-heki:20190218140812j:plain

ムデハル様式の駅の壁

 

アルカサル

駅に到着し、周りを見渡すと、トレド旧市街の荘厳な風景が目に飛び込んできました。早速旧市街を目指します。ちなみに左にある四角い建物はアルカサル(城)です。 

f:id:k-heki:20190218135631j:plain

 

町の中心地への架け橋-サンマルティン

こちらはサンマルティン橋。町の外と中をつなぐ橋です。この橋を超えると旧市街。

f:id:k-heki:20190218140409j:plain

サンマルティン

尖塔が美しい-カテドラル

サンマルティン橋を超えて町へ入ると入り組んだ路地が迷路のようになっています。その中でもその美しさで人々の目を引くランドマークとなっているのが、カテドラルです。

f:id:k-heki:20190218140006j:plain

 

大聖堂のは町のシンボルでもり、信仰中心でもあります。全貌が捉え切れないほどの壮大な建築物です。

f:id:k-heki:20190218141319j:plain

カテドラル

 

行政の中心-市役所

町の運営を担っているのがこちらの市役所。市役所前の広場にはベンチなども置かれおり、歩きつかれた旅人たちが一息つくことのできる場所です。

f:id:k-heki:20190218141156j:plain

市役所

町を守る-太陽の門

太陽の門はレコンキスタ以前に作られた門で、イスラム様式がとても美しいのが特徴。当時は敵の侵入を防ぐために建造されたため、とても重厚な建造物となっています。

こちらの門、とても分かりづらい場所にあり、つくまでに町を彷徨うこと間違いないのですが、トレドの迷路のような町並みを楽しみながら、この場所を目指してみてください。

f:id:k-heki:20190218141453j:plain

太陽の門

エル・グレコゆかりの地-エル・グレコの家

トレドといえばエル・グレコと言う事ができるほど、この地は画家エル・グレコと深い関わりがあります。

f:id:k-heki:20190218141557j:plain

エルグレコの家

エルグレコは16世紀にスペインで活躍したギリシア人画家。スペインが「日の沈まぬ国」と呼ばれていたフェリペ2世の時代。彼はフェリペ2世に仕えようとしましたが、フェリペ2世に画風を認められずトレドで宗教がを描きながら過ごしました。

f:id:k-heki:20190218142129j:plain

グレコ

彼の作品はマニュエリスムと呼ばれる独特な技法。日本では国立西洋美術館大原美術館の2箇所で見ることができます。

f:id:k-heki:20190218135721j:plain

グレコの軌跡

迷路のような町並みに迷子になることも

同じような道が続くので迷いますが、すれ違う観光客らしき人たちと迷いますねーっておしゃべりしたりして充実の旅となりました。

f:id:k-heki:20180528144106j:plain

町並みはとても美しく、中世の面影を色濃く残しています。

f:id:k-heki:20190218142552j:plain

 

終わりに

他にも博物館や教会など見所がたくさんありますので、スペインにお立ち寄りの際はぜひ足を運んでみてください。

f:id:k-heki:20190218143340j:plain

 

 ※筆者のお勧め旅行ガイドブックはこちら

地球の歩き方 A20 スペイン 2020-2021

地球の歩き方 A20 スペイン 2020-2021

  • 発売日: 2020/04/02
  • メディア: Kindle
 

  

ことりっぷ 海外版 スペイン (旅行ガイド)

ことりっぷ 海外版 スペイン (旅行ガイド)

  • 発売日: 2015/02/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村