すみくにぼちぼち日記

メキシコ生活や欧米旅行記、語学、大学、美術館について

ユダヤ・イスラム・キリストが融合する町コルドバを観光-スペイン コルドバ旅行記(2011/09)

コルドバはスペイン南部アンダルシアにある町。

ローマ時代には属州ヒスパニア・バエティカの首都としての役割を担い、多くの学者や詩人を輩出しました。711年のイスラム勢力侵攻を機にイスラム勢力の首都となります。その後756年にアッバース朝によりダマスカスを追われたアブド・アッラフマーンがコルドバで即位し、後ウマイヤ朝が建国されるなど、歴史上重要な役割を果たしてきた町です。

今回はそんなコルドバをご紹介します。

f:id:k-heki:20190226131749j:plain

メスキータ

ユダヤイスラム・キリストが融合する町コルドバ観光

スペイン史上、常に重要な役割を担ってきたコルドバユダヤイスラム、キリストの異なる宗教の人々がコルドバに暮らし、文化的側面での融合が進みました。

この記事では、そんな歴史を感じられる町コルドバをご紹介します。

 

ビクトリア庭園-コルドバ観光の出発地点

マドリッドから電車やバスで行くことができます。電車では2時間弱とかなりマドリッドから近いところに位置します。コルドバに降り立って初めに見たのはこの公園。ビクトリア庭園と呼ばれる庭園があり、コルドバのメイン観光地であるユダヤ人街までこの公園を通って下っていくことができます。

f:id:k-heki:20190226133808j:plain

公園

ユダヤ人街-コルドバ最大の魅力

公園を抜けて町に出ました。

f:id:k-heki:20200507122517j:plain

もう少し進むとイスラムの雰囲気が立ち込める小路に。実はこの小路がコルドバ最大の魅力ともいえるユダヤ人街です。

f:id:k-heki:20190226133917j:plain

小路

ユダヤ人街は迷路の様に入り組んだ地域。かつて西カリフ時代に経済を支える存在として歴代カリフに厚遇されたユダヤ人は、レコンキスタ(国土回復運動、キリスト教徒がスペイン再支配を目指した戦争)が終了した1492年にこの街から姿を消したのです。

 

メスキータ-イスラムとキリストの融合

ユダヤ人街を抜けるとカテドラルが見えてきます。コルドバのカテドラルは別名メスキータと呼ばれます。もともとはキリスト教の聖ビセンテ教会という教会でしたが、711年にスペインがイスラム国家(後ウマイヤ朝)に支配され、その時にモスクへ改築されたのがこのメスキータ。レコンキスタが進むにつれ、コルドバは再度キリスト勢力に支配されたため、そのままキリスト教の教会として使用されることなり、現在に至っています。

こちらはメスキータのミナレットと呼ばれる塔。キリスト教的な建築様式です。

f:id:k-heki:20190226135053j:plain

メスキータキリスト建築

一方で、この門は圧倒的なイスラム感。

f:id:k-heki:20190226135243j:plain

イスラム様式の門

門をくぐると中庭に。ここの木々はオレンジの木で、この中庭はオレンジの中庭と呼ばれています。

f:id:k-heki:20190226135342j:plain

メスキータ中庭


そしていよいよメスキータの内部へ。メスキータに入るためには、オレンジの中庭に設置されている券売機若しくは券売所でチケットを買う必要があります。日本のクレジットカードも使用可能です。

f:id:k-heki:20190226135759j:plain

 

メスキータと言えば、この「円柱の森」と呼ばれるアーチ群。

f:id:k-heki:20200507123815j:plain

美しい空間が広がります。

f:id:k-heki:20190226135857j:plain

メスキータ内部

素敵な模様。

f:id:k-heki:20190226140148j:plain

自分が立つ位置によってその姿が変化していきます。

f:id:k-heki:20190226140423j:plain

そして、キリスト教の教会としての見事な装飾も。イスラムとキリストの融合が見事です。

f:id:k-heki:20190226140519j:plain

祭壇は正にキリスト教建築。

f:id:k-heki:20190226140606j:plain

天井の装飾も見事です。

f:id:k-heki:20190226140721j:plain

美しすぎて時が経つのも忘れてしまうほど。

f:id:k-heki:20190226140822j:plain

そしてまたイスラムの空間に浸るのです。

f:id:k-heki:20190226141448j:plain

 

メスキータ内部の教会を抜けると南スペインの太陽が燦燦と。オレンジの木が鮮やかです。

f:id:k-heki:20190226141657j:plain

 

※スペインとイスラムについてはこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

ローマ橋

名残惜しくもメスキータを後にすると、見えてくるのがローマ橋。

f:id:k-heki:20190226142011j:plain

ローマ橋

向こう岸からのメスキータも絵になります。

f:id:k-heki:20190226142243j:plain

 

Plaza de la Corredera

可愛らしい広場Plaza de la Corredera

f:id:k-heki:20190226142649j:plain

Plaza de la Corredera入り口

f:id:k-heki:20190226142817j:plain

Plaza de la Corredera

可愛らしい町並み

そしてこの可愛らしい町並み。

f:id:k-heki:20190226142927j:plain

白い町並み

カサ・アンダルシア-イスラムの生活を垣間見る

町の一画にはこんな部屋を体験できる博物館も。12世紀の邸宅が当時の雰囲気に再現されています。

f:id:k-heki:20190226143306j:plain

アンティークが美しい。

f:id:k-heki:20190226143507j:plain

花の浴場が見事です。

f:id:k-heki:20190226143754j:plain

 

コルドバでは散歩を楽しんで

 コルドバの町では歩けば歩くほど新しい景色を発見することができました。

f:id:k-heki:20190226143903j:plain

パティオ

f:id:k-heki:20190226144046j:plain

f:id:k-heki:20190226144227j:plain

夜には宗教的な行事?を見ることもできました。

f:id:k-heki:20190226144446j:plain

 

終わりに

今回はユダヤイスラム・キリストが融合する町コルドバをご紹介しました。

この旅行ではコルドバを1日で見て回りました。1日でも十分楽しめますが、見所も多い町ですので、時間があれば2日間滞在すると良いかなと思います。

f:id:k-heki:20190226144644j:plain

コルドバの地図

※アンダルシアの楽園ロンダはこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

※アンダルシアの雄セビリアはこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

 ブロトピ:海外旅行

PVアクセスランキング にほんブログ村