すみくにぼちぼち日記

メキシコ生活や欧米旅行記、語学、大学、美術館について

DMM英会話キッズとQQキッズの違いと特徴-2つのオンライン子ども英会話の似ているところ, メリット ,デメリットを比較

子ども用のオンライン英会話教室として人気の高いDMM英会話キッズ とQQキッズ

どちらも人気が高い子ども向けオンライン英会話で、どちらを選べば良いのか迷っているという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、DMM英会話キッズとQQキッズの特徴と違いをご紹介し、また、実際にレッスンを受けた感想もご紹介します。

f:id:k-heki:20210124035505p:plain

 

DMM英会話キッズとQQキッズの違いと特徴

DMM英会話とQQキッズはどちらも人気の高い子ども向けのオンライン英会話教室です。

この2つのオンライン英会話のどちらにしようかと迷っている方も多いかと思いますが、おすすめは「どちらも無料体験レッスンを受けてみてフィーリングで決める」という方法。

実際に我が家でも2歳の子どもと両方のオンライン英会話を受講してみたのですが、どちらもそれぞれ良い所があり、とてもいいオンライン英会話だなと実感することができました。

DMM英会話の良い所は様々な国の講師がいて、世界各国の異なる文化に触れ合えるとこと。小さい頃から多様な価値観に触れることはこれからのグローバル化の時代を生きる子どもにとって、かけがえのない経験となるのではないかなと感じました。

一方で、QQキッズはセブ島留学で人気の語学学校QQイングリッシュが運営する子ども向けオンライン英会話教室で、独自のノウハウが詰まったしっかりとしたカリキュラムが特徴のオンラインキッズ英会話です。

DMM英会話とQQキッズは、それぞれ異なった特徴を持つ英会話教室ですので、お子様に学んで欲しいことやお子様の年齢に合わせてこの2つの英会話教室の長所を比較しながら実際に入会する英会話教室を選ぶのが良いのかなと思います。

 

DMM英会話キッズとQQキッズの比較

ここからはDMM英会話とQQキッズを比較していきたいと思います。

 

講師

DMM英会話は128カ国以上の国出身の講師が在籍しており、様々な価値観の方と触れ合うことができるのが魅力。

QQキッズは、フィリピン人講師で、セブ島留学で人気の語学学校QQイングリッシュの講師の方々がオンラインでレッスンを担当しています。確かな実力とノウハウの詰まったカリキュラムを用いたレッスンが特徴です。

 

DMM英会話:

・128カ国以上の国出身

・キッズ向け英会話講師が在籍

・日本人、ネイティブ講師も選択可能

 (プラスネイティブプラン)

 

QQキッズ: 

・フィリピン人講師

セブ島の語学学校QQイングリッシュの講師

  

価格とレッスン時間(税込価格)

価格は、月12回以上レッスンを行いたい場合はDMM英会話のほうが割安。月8回以下の場合はQQキッズのほうが価格が安くなっています。

1回の授業時間はどちらも25分で同じ時間です。

 

DMM英会話(25分/回):

・スタンダード毎日1回、月額6,480円

・スタンダード:毎日2回、月額10,780円

・プラスネイティブ:毎日1回、月額15,800円

・プラスネイティブ:毎日2回、月額31,200円

※プラスネイティブプランはネイティブ・日本人講師とのレッスンが可能

  

QQキッズ(25分/回):

・キッズプラン:月4回(200ポイント)、2,178円

・おてがるプラン:月8回(400ポイント)、4,054円

・おすすめプラン:月16回(800ポイント)、7,348円

・おしゃべりプラン:月30回(1500ポイント)、10,648円

  

年間授業回数と1レッスンあたりの授業料

年間の授業回数と1レッスンあたりの授業料をまとめてみました。

DMMキッズ英会話 QQキッズ 価格比較

※DMMの合計レッスン回数は週の回数x52週で計算

※QQの合計レッスン回数は月の回数x12ヶ月で計算

※DMM英会話のプラスネイティブプランはネイティブ・日本人講師とのレッスンが可能

  

DMM英会話とQQキッズで授業回数が大きく異なるので、単純に比較するのは難しいのですが、月謝金額を年間授業回数で割った1レッスン当たりの価格で比較してみました。

上の表を見ると、

・月8回(週2)まではQQキッズが安い

・月12回(週3)以上はDMM英会話キッズが安い

ということが分かります。

価格の面では、沢山レッスンを受けたいという場合にはDMM英会話キッズが、毎週少しずつレッスンをしたいという場合にはQQキッズがお勧めです。

  

予約システム・レッスン時間帯

予約システムは下記の通り。

 

DMM英会話

・レッスン開始の15分前まで予約可能

・レッスン後に次のレッスンの予約が可能

 (予約がある状態での2つ目の予約は不可)

・1日の上限は1レッスン

・キャンセルはレッスン開始の30分前まで

・レッスンの時間帯

 24時間365日レッスン可能

  

QQキッズ:

・レッスン開始の15分前まで予約可能

・1日の3コマまで受講可能

・キャンセルはレッスン開始の15分前まで

・レッスンの時間帯

 24時間レッスン可能、年7回程度休校日有

 

兄弟・家族での受講

DMM英会話は1アカウント1名まで利用可能(アカウントの共有は不可)、QQキッズは家族や友人とレッスンポイントのシェアが可能。

 

DMM英会話:

・1アカウント1名までの利用

・兄弟姉妹が2名や3名で一緒にレッスンに参加するのは不可

 

QQキッズ:

・家族や友人とレッスンポイントのシェアが可能

・兄弟姉妹が2名や3名で一緒にレッスンできるかは不明

 

英検対策

英検対策はDMM英会話は5級から準1級まで筆記・面接に対応。

QQキッズは英検面接対策コースで旺文社が出版する『英検®準1級、2級、準2級、3級 二次試験・面接完全予想問題』に沿った内容で対策が可能。

 

DMM英会話:

5級(筆記試験/リスニング)

4級(筆記試験)

3級(筆記試験/面接対策)

準2級(筆記試験/面接対策)

2級(筆記試験/面接対策)

準1級(筆記試験/面接対策)

 

QQキッズ:

3級(面接対策)

準2級(面接対策)

2級(面接対策)

準1級(面接対策)

 

違いのまとめ

ここまでご紹介したDMM英会話とQQキッズの違いを纏めました。

 

DMMキッズ英会話 QQキッズ 特徴比較

 
この結果を見ると、どちらの英会話スクールもそれぞれに良い所があるということが分かります。

・講師の出身国はDMMは128カ国、QQキッズはフィリピン

・料金は月8回(週2回)レッスンまではQQキッズがお得

・月12回以上はDMM英会話キッズがお値打ち

・年間の受講回数の上限はDMM英会話キッズが多い。

・予約のタイミングやレッスン持越し等はQQキッズがフレキシブル

・英検対策はDMM英会話は面接・筆記、QQキッズは面接が可

 

※各英会話の詳細情報はHPでご確認ください

DMM英会話HP

オンラインこども英会話 DMM英会話

 

QQキッズHP

QQキッズ オンラインキッズ英会話

 

DMM英会話の英会話体験

DMM英会話は、毎日好きな時にレッスンができ、また、世界中の講師と日本にいながら話をできるという、素晴らしい体験ができるオンライン英会話教室です。

子どもに慣れた先生も多く登録されており、その点でも安心して英会話を行うことができます。一方で、始める時期は小学校に入学したくらいがおすすめです。

オンライン英会話を実際に体験してみて感じた良かった点とデメリットは次の通りです。詳しい内容は下記の記事をご覧いただけると幸いです。

 

良かった点 6つ

①講師の子どもとの接し方が上手い

②講師の子どもが登場することもある

③講師の出身国が色々

④毎日受講が可能

⑤好きなときに予約ができて通学時間が無い

⑥インターネットが安定している

 

デメリット

①講師の幼児への慣れにばらつきがある

②レッスンが終らないと次の予約が取れない

③人気講師の予約が取りづらい

(同じ講師との連続的なレッスンが難しい)

 

感想

実際にレッスンを受けてみて思ったことは、色々な先生とレッスンできるのは子どもの国際感覚を養う上で素晴らしいということ。

世界には様々な人々、価値観、宗教、慣習があって、そのような人々の違いを知って、将来世界に羽ばたける人材になってほしい、という思いを実現してくれる英会話がDMM英会話だと思います。

一方で、対象年齢は特に指定されていないDMM英会話ですが、個人的には小学校以上のお子様におすすめ

というのも、先生の「幼い子どもに対する慣れ」という部分でばらつきがあり、また、予約システムの構造上、毎日同じ先生とレッスンできるわけではないので、継続的なとりくみが難しいというデメリットがあります。

その点を考えると、いろいろな方と触れ合って、それが楽しいと思える年齢になってからDMM英会話に入会するのが良いのではないかなと感じました。

 

※DMM英会話の詳細はこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

QQキッズの英会話体験

QQキッズはもともとセブ島留学者向けの語学学校から始まったオンラインキッズ英会話ということで、カリキュラムがすごく充実しています。

実際に子どもとレッスンをして、この英会話を続けたら絶対に力がつくだろうなと感じました。

特に幼稚園年長さんから小学校入学したくらいに開始するのがおすすめです。

 

良かった点 6つ

①カリキュラムとテキストがしっかりしている

②独自のシステムを使用し映像が綺麗

③単語のリピートなどの基礎練習

④子どもが返答できるまで粘り強くリピート

⑤好きなときに予約ができて通学時間が無い

⑥インターネットが安定している

 

デメリット

①カリキュラムがたくさんあるため、どのカリキュラムが子どもの年齢やレベルに適しているのかが分かりづらい

②2歳より小さい場合には少し内容が難しい

 

感想

一番印象的だったのは、カリキュラムとテキストがしっかりとしており、しっかりと英語を学ぶことが出来るという点です。

QQキッズのレッスン体系は、授業数ごとの価格プランとは別に、未就学の子どもから中学生までを対象とした、6つの子ども向けのオンライン英会話カリキュラムが用意されており、この英会話を続けると確実に力がつくだろうなという印象を受けました。

例えば、絵を見てその単語をリピートするアクティビティ。

例えば牛の絵が画面に映し出されて、「Cow」とリピートし、「どうやって鳴くの?」と英語で問われて鳴き声を真似するというものでした。

単語のリピートや同じアクティビティのリピートを行うことで、子どもの頭に英語が定着し易くなると思いますし、2歳くらいの子どもの場合、単純なことの繰り返しが好きなので、その点でも子どもが楽しそうにリピートしていたのが印象的でした。

ただ、うちは子どもが未だ2歳になったばかりというタイミングだったため、少し難しすぎたかなと思いました。幼稚園年長さんや小学校入学した位にはじめるのが最適な英会話教室だと思います。

 

※QQキッズの詳細はこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

2回の無料レッスン体験がおすすめ

ここまで、DMM英会話とQQキッズの違いを比較してきましたが、どちらも素晴らしい点があり、それぞれ特徴の異なる英会話ですので、一度無料体験レッスンを受けてみて、お子様にあった教室を選ぶのがおすすめです。

我が家でも、子どもと無料体験レッスンを2回ずつ受けてみたのですが、どちらのレッスンも子どもがとても楽しそうにレッスンを受けていたのがとても印象的でした。

無料体験レッスンは2回ずつ受講可能ですので、無料体験レッスンを受けてみて、子どもにあう方を選ぶのがいいのかなと思います。

 

DMM英会話の無料体験の予約はこちら:

オンラインこども英会話 DMM英会話

 

QQキッズ無料体験の予約はこちら:

QQキッズ オンラインキッズ英会話

 

0歳から2歳児におすすめな英会話

DMM英会話もQQキッズもキッズオンライン英会話教室と言うことで、どちらの講師の方もとても素晴らしいレッスンをしてくださいます。

一方で、子どもが0歳から2歳と、未だ小さいという場合には、対象年齢が3歳以上とされている英会話教室が多く、困っているという方も多いのではないでしょうか。

子どもが小さいうちから英会話を体験してみたいという場合におすすめなオンライン英会話教室は、リップルキッズパーク、ワールドアイキッズ、ハッチリンクジュニア、ハッチリンクベビーの4つです。

詳しい内容を下記の記事でご紹介していますので、是非ご覧になってみてください。

 

※0歳、1歳、2歳児におすすめな英会話教室はこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

終わりに

この記事では、講師の質が高く人気の高いオンライン英会話教室DMM英会話」と「QQキッズ」についてそれぞれの特徴や違いをご紹介しました。

どちらの英会話もそれぞれに異なった特徴がある英会話教室で、とてもおすすめ。

迷っているという場合には一度両方の無料体験レッスンを受講して、「子どもにあってる」と思った方英会話教室を選ぶのがいいかなと思いますので、無料体験レッスンを是非試してみてください。

 

※DMM英会話キッズとリップルキッズパークの比較記事はこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

※読み聞かせにおすすめな英語の絵本はこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村