すみくにぼちぼち日記

メキシコ生活や欧米旅行記、語学、大学、美術館について

外資系は激務?-忙しさや仕事量とは

外資系は激務という印象がありますが、実際はどうなのでしょうか。

この記事では外資系の忙しさについてご紹介します。

 

f:id:k-heki:20210116020016p:plain

 

外資系は激務?-忙しさや仕事量とは

外資系企業は良い面もありますが、もちろん悪い面もあります。

その悪い面としてよく言われるのが「外資系は激務」ということ。実際に働いてみて、外資系は激務の時もあればそうでない時もあると感じています。

その理由は、外資系は結果が常に求められるため、結果が出せていない時は夜遅くまで仕事をする必要があり、その点で激務です。

一方で、自由な雰囲気があり、個人の仕事の裁量がしっかりと定められているため、自分のペースで仕事を進めることができるという利点も。

自分で考えて結果を出しながら働きたいという場合には自分の気持ちを実現できる環境を手に入れることが可能です。

 

激務の時もある外資系

外資系は確かに忙しい時もありますが、それは繁忙期や仕事が忙しい時が中心です。

外資系は自分の結果次第で給料や待遇が変わってくるため、結果が出ていない時や結果を出さなくてはならない時は、自分に鞭を打って仕事をする必要があります。

ただ、それは上司からの命令ではなく、あくまで自発的に働くという意味です。

もちろん、夜遅くまで働きたくないという場合は働く必要はないのですが、結果が求められている時にサボってしまうと、結局自分のお給料や待遇が下がってしまうため、その点はキャリアプランと相談しながら意思決定していくことが必要です。

私も忙しい時は夜1時くらいまで仕事をしたことがありますが、反対に忙しくない時はのんびり仕事ができるので、ストレスなどはなく、自分の裁量で仕事量をコントロールできるのはありがたい点かなと思います。

日本の企業の場合、忙しい時、そうでもない時とそこまで仕事時間が変わらなかったりするのですが、外資系は自分の立てた計画に沿って仕事時間も調整できるので、その点はメリットにもなりうる職場だと言えます。

 

全てが自己責任

外資系企業は良くも悪くも待遇が結果次第で大きく変わるという特性を持っています。そのため、自分が結果を出すことができないと給料も上がらず、ボーナスも低いという状況となります。

また、結果が出ないことが何年も続くと、昇進や昇格ができなかったり、希望しない部署へ移動となる可能性もあります。

そのため、ここぞという時には自発的にたくさん働くという選択もできますし、特に結果を必要としていない時にはゆったり仕事をすることも可能です。

良くも悪くも個人の責任によるところが大きいため、プレッシャーもかかる職場となりますが、自分で考えたことを自由に試しながら仕事を進めることができるため、マイペースで働くことができるのは外資系のメリットです。

 

周りのサポートがほぼない

日系系業の場合、チームで結果を出すという雰囲気が強いため、自分がうまくできない時や休んだ時などに周りの同僚がサポートしてくれることが多いですが、外資系は基本的に周りからのサポートはありません。

自分で考えて自分で行動し自分で結果を出すのが外資系の働き方。休みをとる時も、休みは非常に簡単にとることができますが、その結果どうなるかは自分次第。仕事を肩代わりしてくれる人もいませんし、その結果何か悪いことが起こっても誰もフォローしてくれません。

一方で、自分で休みの日のケアさえできていれば、いつ休んでもいいというのは嬉しいところ。フォローもないため周りに気を遣う必要もなく、自由に行動できるというのはメリットです。

 

語学面で激務になることも

外資系の場合、どうしても英語が必要となる場面が出てきます。

資料が英語であったり、会議が英語であったりと、英語が普通に飛び交う職場となるため、英語が苦手という場合は英語を理解するというところで難しさを感じ、激務と感じてしまうこともあります。

外資系で働きたいと考えている場合は、事前に英語を対策しておくなど、準備が必要です。

最近ではオンラインの英会話なども充実しているため、英語を勉強しながら英会話で実践するという方法で、英語力を伸ばしていくのがお勧めです。

 

※お勧めオンライン英会話はこちら

classroom.hatenablog.com

 

自走したい場合にお勧めな外資系

ここまで、外資系が激務と言われる所以をご紹介してきましたが、外資系は自走したいという場合には非常にお勧めな環境です。

自分で考え、行動し、結果を出すというシンプルなプロセスで仕事ができるため、自分次第でどうにでもなるのが外資系。

プロ意識が高い集団なので、無駄な社内営業や根回しがいらず、サクサクと仕事を進めることができます。

私も日系企業の日本勤務、海外駐在、外資系と仕事を経験してきましたが、個人的に外資系はすごくお勧め。

裁量が大きく、自分の好きなように働いて、結果は自分で責任を負うという環境が好きという場合には、ぜひ外資系を検討してみてください。

ちなみに、ヨーロッパ系の企業ならワークライフバランスを高く保って働くことができるので、仕事も生活もどちらも大切にしたいという場合にはぜひ検討なさってみてください。

 

外資系転職におすすめなエージェント

外資系への転職を考えた時に始めに行うことが転職サイトと転職エージェントの登録です。

転職サイト・エージェントにはそれぞれ強みや専門分野があり、登録する企業を間違えると紹介された企業と自分の経歴や希望とのミスマッチが起こってしまい、上手く転職活動を進められなくなる可能性があります。

外資系を目指すという場合に利用したいエージェントが「外資系に強いエージェント」です。外資系への転職におすすめな転職サイトと転職エージェントは、

・doda

・en world

・JACリクルートメント

・アクシスコンサルティング

・リクルートエージェント

・パソナキャリア

という6つ。

それぞれの特徴については下の記事で詳しくご説明していますのでご参照ください。

ちなみに、私が利用してこの中でも一番おすすめだと思ったのはen world japanです。

 

※en worldの登録はこちら

エンワールド・ジャパン|グローバル転職

 

※外資系転職におすすめなエージェントはこちら

classroom.hatenablog.com

 

終わりに

この記事では、外資系は激務と言われる理由について、実際に外資系で働いている中で感じることをご紹介しました。

外資系は仕事の裁量が大きく、仕事で結果を出した分だけ給料に反映されやすいという面で非常にやりがいのある職場です。

結果が自分の待遇に直接関係してくるという面では大変な部分も多いですが、ワークライフバランスも確保しやすい企業も多いため、仕事も家庭も大切にしたいという場合は是非外資系を検討なさってみてください。

 

※外資系への転職活動のまとめはこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

 

 にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村