すみくにぼちぼち日記

メキシコ生活や欧米旅行記、語学、大学、美術館について

外国語学部 あるある-外国語学部の特徴とは

外国語学部は様々な特徴を持った学部です。

この記事では、外国語学部あるあるをご紹介します。

f:id:k-heki:20200830121836p:plain

 

外国語学部 あるある-外国語学部の特徴とは

外国語学部は外国語を軸に地域研究や言語研究を行う学部。

高校で文系を選択していた学生が多く、外国語が好き、海外に興味があるという学生が多く集まります。

外国語学部では、専攻言語を学び、その言語を用いて専門分野の研究を行うというのが一般的。

外国語学部の専門分野は主に地域研究と言語研究の2つの分野があり、それぞれの分野の中でさらに細かく専攻が分かれていきます。

そんな外国語学部ですが、実際にはどのような学校生活をおくる学部なのでしょうか。

この記事では、外国語学部あるあるをご紹介します。

 

※英語が得意な場合の学部の選び方はこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

外国語学部あるある

外国語が好きな学生が集まる外国語学部。

外国語学部は全国津々浦々、様々な大学に設置されていますが、外国語学部生なら思わず「あるある」と共感してしまうような外国語学部あるあるをご紹介ます。

 

男女比で圧倒的に男性が少ない

外国語学部の最大のあるあるともいえるのが男女比の偏り。

圧倒的に男性が少ないのが外国語学部です。

男女比で言うと、2対8くらいの割合で男性が少ない感じ。学科全体で男性の人数が一桁だったりします。

イメージでは工学部の男女比を反対にしたような感じ。

初めての授業ではこの男女比に驚いてしまいます。

 

外国語が堪能な人が多い

外国語学部ですので、外国語が堪能な学生が多いです。

入学時には得意教科が英語や国語といった語学に長けた学生が多く、また、社会などの教科が好きという学生も多いです。

卒業するときには2か国語、3か国語、4か国語など、マルチリンガルになって卒業していく学生も。

様々な言語の授業を準備している大学も多いため、語学を極めたいという場合にはうってつけの学部です。

 

初めての授業がオール外国語

一番最初の授業がネイティブによる会話の授業という場合、全く分からない専攻言語だけを使って会話の授業が進んでいきます。

初めての授業で理解できたことが0ということも。

もちろん文法やリーディングなどの授業も並行して2年ほど開講される為、前期の試験位の時期になるとオール外国語の授業も何となくわかるようになっていきます。

 

長期休みは海外旅行

長期休みに海外旅行に行く学生も多数。

海外旅行もアメリカやヨーロッパなどの定番から、南米やアフリカに行くという強者も。

外国語学部生はバイト代すべてを海外旅行につぎ込んでいるのかというくらい海外旅行にみんな行きます。

 

学年の半数は遅れて卒業する

留学や休学をする学生も多いため、同級生の半分くらいは4年で卒業しないのも外国語学部の特徴。

授業についていけなくなって留年する場合でも、同じ学年を繰り返す学生が多いため、特に浮くこともなく卒業することが可能です。

 

留学率が高い

短期留学、長期留学問わず留学する学生が多いです。

長期留学は学年の中の半分から1/3、短期留学を含めると9割以上の学生が留学を経験するのが外国語学部。

海外に出て海外で就職するという学生も一定数存在。

海外志向が強く、海外で活躍するという夢を友人たちと共有できるのが外国語学部の魅力です。

 

高校みたいな勉強量

特に1年生、2年生の間は毎週小テストがあり、予習復習が必須なので高校の時のように勉強する必要があります。

私も外国語学部に入って、高校よりも毎日毎日勉強しているなと実感しました。

勉強しないとすぐについていけなくなるので、毎日の勉強は必須です。

 

発表やディベートが多い

やたらと発表やディベートの機会が多い外国語学部。

一週間毎日何かしら発表しているという時間割になることも。

グループワークも多いので、友人がたくさんできるのは嬉しい点。

 

外国語を使わない就職も多い

外国語学部を卒業しても、卒業後の就職先で外国語を使って活躍できる割合は高くありません。

外国語を使って仕事をしている卒業生のほうが稀かもしれません。

ただ、外国語学部で考え方や経験は就職先でもしっかりと生かすことができるので、興味がある場合は是非外国語学部を検討してみてください。

 

外国語学部で学ぶこと

外国語学部では、まず専攻言語の基礎と専攻分野の基礎を学ぶことから授業が始まります。

言語は文法、会話、リーディングと主要な言語活動の授業が毎日あり、それぞれの授業で小テストや発表などを繰り返し行います。

1、2年生では、語学を身に着けながら、同時に専攻地域の地域研究や言語学の基礎を学び、専攻する地域についての知識を身に着けていきます。

3年、4年と学年が上がるにつれてより専門的な分野を深く学ぶようになり、その際には1年、2年時に習得した外国語を用いて原書購読を行ったり、外国の本を読んだりと、外国語を使って学んでいくこととなります。

つまり、外国語学部の目的は語学を身に着けることではなく、身に着けた語学を使ってその言葉が使用される地域に関する研究とその言葉自体を研究することだということができます。

具体的には、外国語を使って原書購読(スペイン語ならスペインやラテンアメリカで発行されて書物)を行い、内容をディスカッションしたり、プレゼンしたり、レポートを書いたりします。他にも翻訳技術を磨いたり、実際に現地に行って調査するということも外国語学部の研究には含まれています。

外国語学部における外国語学習(文法・会話)は主に1年生、2年生で基礎を学び、3年、4年では応用を学びます。そしてその語学の力が上述の様な外国語を読み、考え、まとめ、ディベートし、プレゼンし、レポートし、調査するという活動を行うための道具として使用されるのです。

 

オンラインの外国語教室も活用して

外国語学部で学んでいる、外国語学部に入りたいという場合はオンラインの習い事を利用するのがおすすめ。

最近では家にいながらネイティブの先生と外国語を学べる環境が整ってきていますので、オンライン教室を利用しながら外国語に触れあっていくというのも一つの方法です。

外国語を身に着けて大学の授業をより効果的なものにしたいという気持ちがある場合には、是非一度体験レッスンに参加なさってみてください。

 

※オンラインの習い事の検索はこちら

classroom.hatenablog.com

 

終わりに

この記事では、外国語学部あるあるをご紹介しました。

外国語学部ではまずは専攻する言語を学び、その専攻言語を用いて専攻地域の文化や歴史、政治、経済などを学ぶ地域研究と、言語の構造や言語と社会のつながりを学ぶ言語研究の2つの分野を学んできます。

外国語や海外に興味があるという場合にはとても充実した毎日を送ることができる学部で、外国語好きにとって最高の環境がある外国語学部という存在。

学生が生き生きと好きなことに取り組める外国語学部はとてもおすすめな学部です。

 

※留学の魅力についてはこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

※留学と語学レベルの関係についてはこちら
sumikuni.hatenablog.com

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村