すみくにぼちぼち日記

メキシコ生活や欧米旅行記、語学、大学、美術館について

海外営業に向いている人の特徴-海外営業を9年続けて感じること

海外営業の仕事に向いている人というのはどのような人なのでしょうか。

この記事では実際に9年間海外営業として働いた経験から海外営業に向いている人の特徴を考えていきたいと思います。

f:id:k-heki:20200423023653j:plain

 

海外営業に向いている人の特徴-海外営業を9年続けて感じること

海外営業に9年間従事する中で、だんだんと向いている人の特徴が分かってきました。

海外営業に向いているというのは、仕事や技術面というよりもどちらかというと気持ちの部分が大きいです。

というのも、仕事は慣れることで日本でも海外でも問題なく進めることができるようになりますが、気持ちの面は何年たっても中々変えられない部分があるからです。

ここからは9年間の海外営業経験を通して感じる海外営業に向いている人の特徴をご紹介します。

 

物事を大枠で捉える

海外営業では日本のように細かな気配りやサービスというものが無い場合が多く、全体的にきっちりしていないことが多いです。

仕事では細部まで拘らなければならないことも多いですが、計画したことが日本と同じように進むかというと一概にそうとは言えません、

また、仕事だけではなく、営業先の環境面も同じで、例えばレストランでオーダーが間違えられていたり、頼んだものが来なかったり、掃除が行き届いていなかったりと、「だいたい合ってる」くらいの状態で許容できるような性格だと海外出張などもストレスなく過ごすことができます。

海外では細かいところは気にせずに、大枠が合っていればOKという感覚で、大らかに過ごすのがおすすめです。

 

楽観的

海外ではいろいろなことが起こるので、何が起こっても「何とかなるさ精神」で過ごせる楽観的な人も海外営業には向いています。

海外営業では、先のことが分からないことが多く、コロナの様なことが起こっても焦らずどっしりと構えることができると海外での仕事もストレスなく過ごせるのではないかなと思います。

海外では日本人が犯罪に巻き込まれるとも多いです。

その中でも楽観的に、「何とかなる」精神でドンと構えていけるスキルが海外で仕事をするには必須だと言えます。

 

リスク管理ができる

海外ではリスクがつきものです。

仕事でのリスクはもちろんのこと、私生活でも犯罪や事故に遭うリスクが日本に比べて高いと言えます。

例えば、海外滞在時は危ない場所には行かないというのが原則ですが、向こう見ずな行動を起こしてしまう場合、行ってはいけない場所に足を踏み入れて犯罪に巻き込まれるなど、災難が降りかかる可能性も。

また、車の運転も海外は荒いので、自分が気を付けていても追突されたり、当てられたりと、気を付けていても日本よりも危ない目に遭遇してしまうもの。

そのような不測の事態が起こらないよう、細心の注意を払い、リスクを管理できる能力が高い人も海外での仕事に適していると言えます。

 

アンガーマネジメントができる

海外では自分の思った通りに物事が進まないことがほとんどです。

日本では5分で終わる仕事が何週間終わらなかったり、役所での手続きが進まなかったりと、自分の計画は日々修正していかなければなりません。

そんなときも大らかな気持ちですべてを受け止めてあげることが大切。

怒りに身を任せてしまう方が楽ではありますが、海外で怒りをあらわにすると、交渉次第では上手く進めることができるような場合であっても、その怒りによって物事が進まなくなってしまうことも多いです。

どんなことが起こっても穏やかな気持ちですべてを受けれるということが海外営業では必要なスキル。

怒りがわき上がってきた時もコントロールできるようなアンガーマネージメントを習得し、どんな時でも平常心でいることが海外での仕事のコツです。

 

モチベーションが高い

海外営業ではモチベーションも大切。

モチベーションが高ければ仕事にもやりがいを感じますし、海外での大変さも楽しく乗り越えることができます。

反対にモチベーションが低い場合は海外の嫌な部分にばかり目が行って、海外にいること自体がつらいものとなってしまいます。

海外で活躍したいという気持ちを持っていれば、どんなことが起こっても、「日本では経験できない貴重な体験」として、乗り越えていくことができます。

 

海外営業を目指したい場合の転職活動について

海外営業を目指すときには、社内で積極的に海外志向だということを発信することが近道です。

ただ、一生懸命仕事に励んでも、会社側の事情で海外営業ができないこともあります。

例えば、海外営業の部門に空きがない場合、また、営業先が少なくて海外営業員を必要としていない場合など、自分の努力ではどうしよもない場合には、海外営業を目指して思い切って転職してみるのも一つの方法です。

転職エージェントの中にはグローバル企業への就職支援を強みとしているエージェントもありますので、転職を考えたいという場合は一度相談してみるのがおすすめです。

 

※海外営業を目指すための転職エージェントはこちら

classroom.hatenablog.com

 

オンラインビジネス英会話

海外営業として海外で働く場合の英語練習としては、ビジネス英語を学べるオンライン英会話などで練習するのがお勧めです。

ビジネスで使う英語というのは日常会話で使う表現と異なっている場合も多く、実際にビジネスの最前線で活躍した経験がある講師と仕事のことや世界のことについてディスカッションしながら語学力を向上させることができるのが利点。

海外で仕事をしたいという場合はぜひ無料体験などに挑戦なさってみてください。

 

※おすすめオンラインビジネス英語はこちら

classroom.hatenablog.com

 

終わりに

この記事では海外営業に向いている人の特徴をご紹介しました。

海外営業ではポジティブにのんびりと過ごすのがおすすめ。

自分ではどうしようもないことがたくさん起こるので、そんな時には「やっぱり海外だなあ」と大らかな気持ちですべてを受け入れるとストレスなく過ごせると思います。

日本とは別の世界に来たという気持ちで、数起こるハプニングも貴重な経験として楽しく受け入れながら、海外営業としての時間を過ごしてみてください。

 

※海外営業の仕事内奥はこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

※海外営業に必要な英語力はこちら

sumikuni.hatenablog.com


 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村