すみくにぼちぼち日記

メキシコ生活や欧米旅行記、語学、大学、美術館について

外資系に英語は必要か-実際に働いてみて感じること

外資系企業で働きたいと思ったときに気になるのが英語が必要かどうか。

この記事では外資系で働く中で英語が必要となるのかをご紹介します。

 

f:id:k-heki:20210116020016p:plain

 

外資系に英語は必要か-実際に働いてみて感じること

外資系といえば英語を使って仕事をするというイメージがあります。

一方で実際に外資系企業で行う業務というのは日本国内の市場開拓のため、普段の業務で英語を使うことはあまりありません。

ただ、社内資料が英語だったり、システムが英語という場合もあり、また、アジア地区、全世界などのくくりで会議がある場合には英語を使用します。

また、いち担当者の場合は日常で英語を使用しなくても、管理者となった時には英語を使用する機会が多くなります。

 

海外転勤の可能性が低い

外資系企業に決めた理由として、海外転勤の可能性が低いことが挙げられます。

もともと転職理由が「海外の単身赴任が大変だから」という理由だったこともあり、転職活動ではできる限り転勤が少ない企業がメインでした。

転勤が少ない企業という条件で転職活動をした場合、日本企業への転職は難しく、求人があってもエリア採用で給与が下がってしまいます。

外資系企業の場合、国内に海外のサービスや商品を展開する形となるため、フィールドが日本国内となり、国内拠点が多くない企業であれば国内転勤の可能性も低くなります。

その部分が非常に魅力的に感じられて、海外駐在員から外資系企業への転勤を考えるきっかけとなりました。

 

普段の業務では英語を使わない

外資系企業は海外資本の企業ではあるのですが、市場開拓先が日本国内なので基本的に普段の業務で英語を使うことはありません。

特に営業の場合は接する相手が日本のお客さんということで基本的に日本語を使用して仕事を行います。

一方で、製品輸入部門などに勤務している場合などは輸入時に英語を使用した業務となる場合もあります。

資料作成や社内用のインプット業務などについても日本のオフィスで働く場合には基本的には日本語で業務を行うこととなります。

 

資料やシステムは英語

外資系では社内資料や社内で使用するシステムが英語設定ということがあるため、その点で英語を読む機会は多くなります。

社内資料は基本的に日本語に翻訳してあることが多いですが、細かなニュアンスをつかむという意味で英語で読んだほうがわかりやすいということも。

システムに関しても全世界共通のシステムを使用しているという企業もあるため、その場合は英語メインの言語のシステムとなっていることがあります。

 

アジアや全世界との会議は英語

いち担当者の場合はあまり機会がない可能性もありますが、アジア会議や世界会議に出席する場合は公用語が英語となります。

日本人の場合、アジア会議や世界会議ではオブザーバーとなってしまうことがあったりしますが、せっかく世界の社員と交流できるチャンスなので、会議に参加するときには積極的に参加することが望ましいです。

英語に自信がないという場合でも全く問題がなく、英語ではなく話す内容を深めていくことで、存在感を高めていくことができます。

このような会議はマネージメント職に就いた際などに出席する機会があるため、担当者として働いている間に英語を勉強しておくというのがベストです。

 

役職が上がると英語は必須

いち担当者としては英語を使う機会は限られている外資系企業ですが、役職が高くなると英語が必須となります。

というのも、上司が本社の社員だったり、アジア会議、世界会議に出席する機会がおおくなったりと、英語を使用する場面が多くなるため、英語が使用できないと仕事ができないという状態となってしまします。

また、働いていて昇格・昇進するための要綱として語学が求められている場合もあるため、外資系企業の中で昇進を目指したいという場合には英語学習が必須だといえます。

 

※おすすめ英語勉強法はこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

外資系転職におすすめなエージェント

外資系への転職を考えた時に始めに行うことが転職サイトと転職エージェントの登録です。

転職サイト・エージェントにはそれぞれ強みや専門分野があり、登録する企業を間違えると紹介された企業と自分の経歴や希望とのミスマッチが起こってしまい、上手く転職活動を進められなくなる可能性があります。

外資系を目指すという場合に利用したいエージェントが「外資系に強いエージェント」です。外資系への転職におすすめな転職サイトと転職エージェントは、

・doda

・en world

・JACリクルートメント

・アクシスコンサルティング

・リクルートエージェント

・パソナキャリア

という6つ。

それぞれの特徴については下の記事で詳しくご説明していますのでご参照ください。

 

※外資系転職におすすめなエージェントはこちら

classroom.hatenablog.com

 

終わりに

この記事では、外資系での仕事に英語が必要なのかについてご紹介しました。

外資系で働く中では資料やシステムが英語という場合は多くありますが、基本的な業務は日本語での業務となります。

一方で会議に出席したり昇進するためには英語は必須となりますので、普段から英語を勉強しておくことは大切です。

 

※駐在員のやりがいはこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

※駐在員の大変なところはこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

 にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村