すみくにぼちぼち日記

メキシコ生活や欧米旅行記、語学、大学、美術館について

海外駐在中の転職活動は可能? オンライン転職活動の感想

海外駐在中に転職活動を検討したときに気になるのが外国に居ながら就職活動ができるのかどうかというところ。

この記事では、実際に駐在中に転職活動を行った感想をご紹介します。

f:id:k-heki:20200423023653j:plain

 

海外駐在中の転職活動は可能? オンライン転職活動の感想

海外駐在中に転職活動がしたいと思ったときに気になるのが、面接などを海外に居ながら進めることができるのかというところ。

実際に海外で転職活動を終えて感じたのは、今は海外に居ながら全く問題なく転職活動ができるということ。

コロナ禍でZoom やTeamsなど様々なWeb会議システムが浸透しており、転職エージェントとの面談から企業との面接までフルリモートで転職活動を行うことができました。

面接は一次面接から最終面接までWeb面接というところも非常に多く、全く問題なく就活ができました。

 

海外駐在中の転職はフルリモート

転職ではまず転職サイトに登録し、また、ビズリーチなどを通して様々な就職エージェントと面談をすることになります。そして、企業に応募書類をメールで送って、企業との面接に臨むのですが、その一連の流れを全てパソコンで完結することができます。

私が応募した企業で、対面での面接を求められたのは1社、紙書類の提出が必要だったのが1社と、他の数十社は全てメールで書類を送りWEB面接で最終面接まで完結する形でした。

 

エージェントとの面談やサポート

一昔前は面談もエージェントのオフィスに行く必要があったりと、面談できるエージェントにも限りがあったのですが、WEB会議システムが普及した現在は、物理的な距離が原因でサポートしてもらえないということが無くなりました。

海外に住んでいてもいろいろなエージェントと面談することができ、担当のコンサルタントからきめ細やかなサポートを受けることができました。

海外に住んでいたので時差があり、面談があるから会社を休まなければいけないということもなく、エージェントはこちらの時間に合わせて面談予定を組んでくださいました。

 

企業の選考もリモート

企業の選考では、履歴書や職務経歴書はメールなどで送る企業がほとんどで、紙の提出を求められたのは1社だけでした。

また、テストがある企業もWEBテストを自宅で受けられたので、海外にいても問題なく受験することができました。

面接もZOOMやTEAMSなどを利用したWEB面接がほとんどで、一次面接から最終面接まで一度も企業を訪問することなく完結できるという企業が多かったです。

ただ、面接の時間についてはこちらから要望を出すこともできましたが、基本的には企業が提示してきた時間に合わせる必要があったため、時差によって夜中に面接がスタートするということもありました。

一方で、時差がある分、仕事を休んで面接に行くという必要が無くて、仕事終わりの時間帯で面接ができたというメリットも大きかったです。

 

企業への応募数を増やせるメリットも

WEB面接が発達していなかった頃は、実際に企業を訪問して面接を受ける必要があったため、一日に何社も回るのが難しく、1日に受けられる面接数に限りがありました。

ですが現在では、10時からA社、11時半からB社、13時からC社などのように、複数の企業の面接を同じ日に設定することも可能となったため、就活自体がすごく簡単に行えるようになったという印象を受けました。

また、東京の企業も、大阪の企業も、福岡の企業も、世界のどこの企業でも、自宅に居ながら選考を受けることができるため、企業選びの幅も広がったのではないかなと思います。

また、物理的に移動する必要が無いので、体力的にもとても楽で、転職活動を気軽に行えるようになったのではないかなと感じています。

 

海外駐在中の転職は今が好機

今後コロナが収まってくると、今までの様な対面での面接などを採用する企業も増えてくる可能性があるので、海外駐在中で転職を考えているという場合は、フルリモートでの選考が盛んな今が転職活動の好機だと思います。

海外に居ながら書類審査から最終面接までをリモートで行うことができるので、海外駐在がハンデにならず、逆に時差を利用して空き時間に転職活動ができます。

今転職しようか悩んでいるという場合は、まずは転職エージェントに登録して、面談に進んでみるのが良いのかなと思います。

 

※海外駐在中におすすめなエージェントはこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

転職サイトの登録ならdoda

転職活動を進める中では転職エージェントや転職サイトに登録することとなります。

エージェントさんは自分の希望や経歴に合った企業を紹介してくださる存在なのですが、自分で求人を探したりという面では物足りない部分があります。

ですので、エージェントを利用しながら、転職サイトも併用するのがおすすめ。転職サイトは「リクナビNEXT」、「マイナビ転職」などがありますが、おすすめなのは「doda」です。

私も色々登録はしましたが、最終的には求人の質が良かったdodaだけを活用していました。ですので、転職サイトを1つ選ぶとしたらdoda一択。dodaは自己分析ツールも豊富に揃っているのでdodaの登録は必須かなと思います。

 

※dodaのホームページはこちら

転職なら【DODA】求人情報・転職支援会員募集

 

※dodaの詳細説明と口コミこちら

classroom.hatenablog.com

 

迷っている場合はキャリアコンサルタントに相談も

将来のキャリアプランについて迷っているという場合にはキャリアコンサルタントに相談するのも一つの方法かなと思います。

最近ではオンラインでコンサルを依頼できるサービスも充実しているので、気になるという場合は一度無料相談を試してみるのがおすすめです。

 

※キャリアコンサルタントのまとめ記事はこちら

classroom.hatenablog.com

 

オンラインビジネス英会話

転職を考える際にビジネス英語レベルの英語力があると有利になることも多いので、ビジネス英語の勉強をしておくのもおすすめ。

ビジネス英語を学べるオンライン英会話があるので、そちらで練習するのが良いかなと思います。実際にビジネスの最前線で活躍した経験がある講師と仕事のことや世界のことについてディスカッションしながら語学力を向上させることができます。

転職の準備という面でオンライン英会話は役に立つかなと思うので、ぜひ無料体験などに挑戦なさってみてください。

 

※おすすめオンラインビジネス英語はこちら

classroom.hatenablog.com

 

終わりに

この記事では、海外駐在は海外駐在中の転職は可能なのかについて実際に転職活動を行って感じたことをご紹介しました。

現在はWEB会議システムが発達し、エージェントとの面談も、企業への応募や面接も全てリモートでできる時代となりました。

海外に居ながらの転職活動も全く問題が無く、むしろ時差を上手く使うことで現職の仕事を休むことなく転職活動ができるというメリットもあります。

海外駐在中で転職を検討しているという場合は、まずは転職エージェントと面談をして、将来について第三者の意見も聞きながら考えていくのが良いかなと思います。

 

※外資系企業への転職におすすめなエージェントはこちら

classroom.hatenablog.com

 

※20代の転職におすすめなエージェントはこちら

classroom.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村