すみくにぼちぼち日記

メキシコ生活や欧米旅行記、語学、大学、美術館について

メキシコで犯罪に遭わないための自衛方法

メキシコは犯罪が多い国。

2021年世界危険な街ランキングのワースト10の中にメキシコの都市が7都市も入ってしまうほど、昨今治安が悪化しています。

この記事では、そんなメキシコで犯罪に合わないようにするための自衛手段をご紹介します。

f:id:k-heki:20190309004939j:plain

 

メキシコで犯罪に遭わないための自衛方法

メキシコは犯罪が多い国として有名ですが、実際に住んでいて治安が悪いと感じることがあります。

例えば、知り合いが誘拐されたり、日本人が自動車を襲撃されたり、自分が犯罪現場に居合わせてしまったりと、日常生活の中に犯罪があるという感覚で暮らしています。

どのくらい犯罪が多いのか、日本とメキシコの殺人件数で比べてみたいと思います。

2019年にメキシコは過去ワーストの殺人件数となり、年間3万4582件でした。2020年は上半期まで2019年の件数を超えており、正確な数値は見つけることができなかったのですが、この3万4582件を上回った可能性も高いです。

一方で、日本の殺人件数は2019年で950件。つまり、10日で日本の1年分の殺人事件が発生している国がメキシコなのです。

 

※メキシコの危険な街についてはこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

海外では犯罪にあった被害者が悪い

メキシコという町に4年住んでいるわたくしですが、運がいいことにまだ一度も犯罪に遭ったことがありません。

理由としては、犯罪に遭わないようにできる限り気を付けているからなのですが、実は私は大学生の時にアルゼンチンで強盗に遭い一文無し(パスポート、携帯、財布、お金、カメラを盗られた)になった経験があります。

この経験から、海外にいるときにはものすごく気を付けるようになり、これまで犯罪にあってしまったのはその1回ですんでいます。

海外にいると、犯罪に遭ってもほぼ誰も助けてくれません。

アルゼンチンで犯罪に遭ったときには、3か所の警察署をたらいまわしにされ、何時間も待たされた挙句、犯罪証明書を発行してくれただけで何も助けてくれないし、犯人を逮捕しようという素振りさえもありませんでした。

海外にいて犯罪に合っても、「気を付けてなかったから悪い」という感じで何も対応してくれませんので、犯罪に合わないための自衛が本当に重要なのです。

 

※犯罪にあったときの対処法はこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

危ない目にあわないための自衛方法

自分の身は自分で守ることが求められるメキシコ生活ですが、危ない目に遭わないために気を付けるべきことが7つあります。

①高価なものや目立つものを身につけない

②人気のない場所や危ないところに行かない

③夜は出歩かない

④歩きスマホや音楽を聴きながらの外出はしない

⑤流しのタクシーには乗らない

⑥話しかけてくる人は全て敵

⑦犯罪にあったら命以外はおとなしく差し出す

 

高価なものや目立つものを身につけない

危ない目に遭わないための自衛措置しとして最も基本的で重要なことが、「高価なものや目立つものは身につけない」というもの。

時計、アクセサリー、指輪などは狙われる対象ですので危ない国では絶対に身につけてはいけません。

特に高級時計などは、強盗にあうと腕ごと盗られてしまうので、絶対に身につけてはいけません。

また、服もできるだけ質素で暗い色を着用するようにします。

赤やワイン色などは狙われる色ですので避けましょう。

また、高級なコートやブランド物のカバンや財布なども避けます。

財布は渡す用と使う用の2つを準備し、強盗に合ったときには渡す用の財布を差し出すようにしましょう。

 

人気のない場所や危ない所に行かない

人がいない、危ないと言われている場所には絶対に行かないようにしましょう。

メキシコは1本道が変わるだけで空気が一変するくらい、安全な場所と危険な場所が分かれています。

安全な地域の隣には危険な地域がありますので、人がいない場所や危険と言われている地域には車であっても立ち入らないことが重要です。

迷い込んでしまった場合はできるだけ早く人通りがある大通りに出るようにしてください。

以前、メキシコに留学に来ていた有名人が、メキシコシティで最も危険と言われているアーケード街にいって「危なくなかった、偏見は良くない」と発信していたということがありました。

でも、それを信じて危険地域に行って、万が一犯罪にあった場合も、多分「安全」と発信した有名人の方は助けてくれません。有名人の方はガイドを雇って、安全を確保してその場所に行っているので、問題が起こりにくいですが、私たちは身一つなので、絶対に危ない場所にはいかないようにしましょう。

 

夜は出歩かない

夜は出歩いてはいけません。

私は夕暮れになったら車であっても外出しません。

仕事で夜遅くなってしまった場合はでいるだけスピードを出しますし、町を越える移動が必要な場合は、その日は移動せず翌日に移動するようにしています。

飲み歩いている日本人もいるのですが、個人的には夜は出歩かないのがおすすめです。

どうしても出かける場合はUBERなどを利用して目的地の前までドア to ドアで移動するのがおすすめです。

 

歩きスマホや音楽を聴きながらの外出はしない

メキシコで歩かなければならない場合、家のすぐそばであっても歩きスマホや音楽を聴きながら歩くのは厳禁。

注意力が散漫になり、犯罪にあいます。

歩く必要がある場合は周りを警戒しながら気を張り巡らせながら歩くようにします。

 

流しのタクシーには乗らない

流しのタクシーは危ないので乗ってはいけません。

タクシー利用時はUBERや空港タクシーなど、信頼できるタクシーを利用します。

犯罪にあいそうになって逃げこんだタクシーが犯罪グループの一員だった、ということはよくある話ですので、絶対に流しのタクシーには乗ってはいけません。

 

話しかけてくる人は全て敵

基本的に海外にいて話しかけてくる人は全員敵です。無視しましょう。

ご近所さんなどは問題ないのですが、見知らぬ土地でいきなり話しかけてくる人は下心が絶対にあります。

必要な時は自分から話しかけるようにします。

日本に置き換えると分かるのですが、日本にいて、知らない人にいきなり話しかけないし、話しかけられることもないと思います。

海外でも同じです。普通は知らない人には話しかけません。

にこやかに近づいてくる人は全員敵ですので、相手にしないようにしましょう。

ちなみに、私はアルゼンチンで、にこやかに話しかけてくれた気さくなお兄さんに強盗されました。

近づいてくる人には最大限の警戒心を持つようにしましょう。

 

犯罪にあったら命以外はおとなしく差し出す

ここまで注意していて犯罪にあってしまったら、それはもう運命だと思ってあきらめましょう。

命以外であれば全て差し出しましょう。

お金はまた稼げばいいし、物はまた買えばいい。カードは止めればいいし、パスポートは再発行すればいいのです。

命さえあればやり直せます。

抵抗して命を奪われてしまったらどうにもなりません。

犯人のいうことをよく聞いてお金を差し出して、命は助けてもらうようにしましょう。

 

終わりに

この記事では、メキシコに住むときに実行したい、自衛方法をご紹介しました。

①高価なものや目立つものを身につけない

②人気のない場所や危ないところに行かない

③夜は出歩かない

④歩きスマホや音楽を聴きながらの外出はしない

⑤流しのタクシーには乗らない

⑥話しかけてくる人は全て敵

⑦犯罪にあったら命以外はおとなしく差し出す

という7つがとても大切ですので、メキシコに住んでいる間に犯罪にあわないよう、できるかぎり気を付けながら過ごすのが良いかなと思います。

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村