すみくにぼちぼち日記

メキシコ生活や欧米旅行記、語学、大学、美術館について

ゼルダの伝説スカイウォードソードHDはつまらない?面白い?-プレイした感想と評価のレビュー

ゼルダの伝説スカイウォードソードHDがニンテンドースイッチで発売となりました。

この記事ではスカイウォードソードを実際にプレイした感想をご紹介します。

f:id:k-heki:20210719051955j:image

 

ゼルダの伝説スカイウォードソードHDはつまらない?面白い?-プレイした感想と評価のレビュー

by カエレバ

 ゼルダの伝説スカイウォードソードは、2011年にWiiで発売された『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』をNintendo Switch向けにリメイクしたソフトです。

私はゼルダの伝説シリーズは、BotW、時のオカリナやムジュラの仮面などをプレイしたことがあり、スカイウォードソードは初めてプレイしました。

この記事ではスカイウォードソードのあらすじや実際にプレイした感想をご紹介していきます。

 

スカイウォードソードHDのあらすじ

f:id:k-heki:20210719052105j:image

スカイウォードソードの舞台は天空に浮かぶ島「スカイロフト」。

スカイロフトで暮らす⻘年リンクは幼なじみの少⼥ゼルダと穏やかに暮らしていたのです。


f:id:k-heki:20210719052110j:image

スカイロフトで年に一度行われるレースの日、優勝を手にするリンクですが、その直後、二人は⻯巻に遭い、離れ離れになってしまいます。

 

 

f:id:k-heki:20210719052612j:image

リンクは、ゼルダを救うため、誰も立ち入ったことのない雲下に広がる大地へと降り立つことを決意。

「選ばれし者」として世界を旅するというお話です。

スカイウォードソードは、「ゼルダの伝説」シリーズの時系列において、最古の時代を描いた物語で、マスターソードの誕⽣をはじめ、ゼルダの世界の“はじまり”が紐解かれれていきます。

 

アクション

f:id:k-heki:20210719052055j:image

本作品では、空を飛ぶアクションがあったり、「ジョイコンを振ることで攻撃する」などのアクションができるモーション操作があったりと、操作方法という点でも独特。


f:id:k-heki:20210719052435j:image

例えばジョイコンを上から下に振れば剣を振り下ろす動作。


f:id:k-heki:20210719052023j:image

下から上に振ると剣を切り上げる動作になるなど、リンクの動作が自分の動作にシンクロする感覚を味わうことができます。


f:id:k-heki:20210719052059j:image

他にも、ロープを使ったアクションや


f:id:k-heki:20210719052010j:image

蔦を登るアクションなどもあり、躍動感溢れる世界を楽しむことができます

 

操作モードの変更

f:id:k-heki:20210719052037j:image

ちなみに、操作方法はボタン操作へも切り替えることができ、ボタン操作の場合、コントローラーの右スティックをはじくことで攻撃モーションを起こすことができます。

下から上への切り上げは右スティックを下から上にはじく、上から下も同じく右スティックで操作するなど、自分の操作とリンクの動きが連動して、一体感を味わうことができます。

 

※スカイウォードエディションのJoy-Conもおすすめ 

by カエレバ

 

スカイウォードソードの魅力

f:id:k-heki:20210719052047j:image

スカイウォードソードでは、周りにあるもの全てを使いながら冒険を進めていきます。

例えば、絶対に死なない敵に攻撃を与えその敵を踏み台にして壁を登ったりと、柔軟な発想で難題をクリアしていくのがとても面白いゲームです。

ゼルダシリーズでおなじみのパチンコや弓矢、爆弾などもあり、様々な謎を色々な道具を使って解いていきます。


f:id:k-heki:20210719052041j:image

もちろん妖精も登場し、空き瓶に入れて持ち運ぶことができ、薬や虫とり、素材集め、盾の強化、薬の調合もできるなど、ゼルダシリーズの面白さを継承しているゲームです。

 

クエストや謎解き

f:id:k-heki:20210719052003j:image

人々のお願いを聞き、人助けをしていくクエストも存在。

リンクの行動によってクエストが登場したりし無かったりと、クエストの種類も変わっていくのも面白いなと思いました。

例えば、とある酒場でリンクがシャンデリアを壊すことで発生するクエストがあったりと(壊さなければ発生しない)、リンクの行動が、その後のイベントに直結していくシーンも多く存在ます。


f:id:k-heki:20210719051958j:image

ゼルダシリーズの魅力といえば謎解き。

最初から結構難しい謎が設定されており、しっかりと周りを見渡したり、謎を解くために使える物がないかを探したりするのが大切。

観察して考えてアクションする、という、リンク目線での冒険を堪能することができるゲームです。

 

つまらない点

つまらない点としては、BotWと比較すると壮大さや奥行きが無く伝統的なRPGという感じという点、また、操作性が気になるという点があります。

 

BotWと比較すると…

ゼルダの伝説史上最高峰のゲームとの呼び声高いBotW。

スカイウォードソードはBotWと比較してしまうと、「面白くない」ゲームとなってしまう可能性もあります。

注意点は、スカイウォードソードはあくまで昔のゲームのリメイクで、BotWの様な世界観、自由度、グラフィックなどとは一線を画すゲームです。

いわゆる伝統的な、古き良きRPGという雰囲気で、一つの問題が起こったらそれを解決し、また次の課題が出てくる、といったもの。

BotWで感じたワクワク感やスケール感を期待しているという場合には少し残念に思ってしまう部分もあるかもしれません。

また、グラフィック、絵の部分も癖が強いので、その部分で拒否反応を起こしてしまう可能性も。

購入する場合はBotWと比較するのではなく、全く新しいゲームとしてプレイするのがおすすめです。

 

操作性

物語自体はとても面白く、引き込まれる舞台設定なのですが、操作がかなり難しいという点が気になります。

何が難しいのかというと、「視点の変更」です。

私はコントローラーを使ったボタン操作でゲームを楽しんでいるのですが、右スティックを攻撃に使用するため、視点の切り替え(カメラを動かす)が、「Lボタン+右スティック」という操作となり非常にやりづらいです。

リンクの視点方向にカメラを持ってくるのはL2ボタンでできるのですが、見回したり、なめらかに視点を動かしていく操作がLボタン+右スティックなので、結構ストレスです。

また、Lボタンが上手く作動しない場合、視点切り替えではなく攻撃になってしまうので、自分が思った操作が上手くできない時のフラストレーションは大きいなと思います。

リンクの動作との連動感を出すために攻撃をスティック操作にしたのだと思うのですが、できれば攻撃をボタン操作でできるモードも追加して欲しかったです。

とはいえ、物語自体はかなり引き込まれる内容なので、少しやりづらさは感じますが、このままやりすすめたいと思いますし、今買おうか迷っているという場合にはおすすめのゲームです。

 

終わりに

この記事では、『ゼルダの伝説 スカイウォードソードHD』のあらすじと実際にプレイしたレビューをご紹介しました。

操作に慣れが必要なゲームですが、面白いストーリーと多用なアクション、武器と盾の種類も豊富、パチンコや爆弾などの道具を集める面白さなど、昔のゼルダの伝説の良い所が詰まったゲームですのでとてもお勧めです。

スカイウォードソードHDに興味はあるけど迷っているという場合は、是非一度プレイなさってみてください。

 

by カエレバ

 

※ゼルダ無双厄災の黙示録のレビューはこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村