すみくにぼちぼち日記

メキシコ生活や欧米旅行記、語学、大学、美術館について

スタディサプリイングリッシュ ビジネス英語の効果的な使い方-ディクテーションとシャドーイング重視の学習法

スタディサプリイングリッシュのビジネス英語コースは社会人で英語を学びたいと思ったときにおすすめのツールです。

この記事では、ビジネス英語力UPに効果的なスタディサプリイングリッシュの使い方をご紹介します。

f:id:k-heki:20210626135030p:plain

  

スタディサプリイングリッシュ ビジネス英語の効果的な使い方-ディクテーションとシャドーイング重視の学習法

ビジネス英会話を勉強したいと思った時、特におすすめなツールがスタディサプリイングリッシュのビジネス英語コースです。

このビジネス英語コースがおすすめな理由は、質の高いインプットを続けられるということ。

ビジネスで英語を使用する場合、自分の得意フレーズを多用するということがあります。得意フレーズでビジネスを成功させることは素晴らしいのですが、英語の表現力上げるという面では得意フレーズの多用が英語力向上を阻害してしまう可能性もあるのです。

ビジネスでは、結果を出すことができればそれで良いという感覚から、表現力を鍛えたり、色々な言い回しを習得するということが後回しになってしまうということがあります。私自身、海外駐在中で、外国語を日常的に使う環境にいるのですが、表現力に目を向けると、新たな表現を覚えていくということに難しさを感じています。

そんな、ビジネス英語の表現力を鍛えるという面で、スタディサプリイングリッシュのビジネス英語コースは最適なツールです。

この記事では、より効果的にビジネス英語コースを利用するための方法、「ディクテーション」、「会話文チェック」、「シャドーイング」を重視した練習法をご紹介します。

  

※スタディサプリイングリッシュHPはこちら

 スタディサプリEnglish ビジネス英会話

  

※スタディサプリイングリッシュの概要はこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

スタディサプリEnglishを効果的に使う

スタディサプリイングリッシュ ビジネス英語

スタディサプリイングリッシュは上の写真のようにな流れで、レッスンが進んでいきます。

スタディサプリイングリッシュを効果的に使用するために重視するのは「ディクテーション」、「会話文チェック」、そして「シャドーイング」の3つの練習です。

会話はシチュエーション会話で、初級レベルから上級レベルの会話までを選択することが可能です。

選ぶべきレベルは、レッスンの3目にある「ディクテーション」で50%以下の正答率のレッスン。ディクテーションの正答率がそれ以上のものは十分に細かな部分まで聞き取れているレッスンなため、まずは正答率が低いレッスンを選び、即効性の高い練習を行うのがおすすめです。

最初にディクテーションで自分のレベルを測ったら、会話理解クイズからシャドーイングまでの授業に取り組んでいきます。

 

ディクテーション

スタディサプリイングリッシュ ビジネス英語

ディクテーションは、自分の耳がどのくらい英語を聞き取れていて、聞き取った表現をどのくらい英語としてアウトプットできるのかを知る指標となります。

つまり、耳で音を聞き取っていても、表現が分からなければ文字にすることができません。

このディクテーションで90%から100%の正答率をとれるようになれば、この単元は完了となり、次のレッスンに進みます。

 

会話チェックを重視

スタディサプリイングリッシュ ビジネス英語

ディクテーションでレベルを把握したら、会話理解クイズ、単語・イディオムチェックと進みます。この2つは流れで進めていけばOKです。

重視したいのはディクテーションの次にある会話チェックです。

会話チェックでは、このレッスンの会話を文字で見ながら耳で聞くことができます。この会話チェックが英語力UPのための鍵となります。

会話チェックでは、まず文字を見ながら、音にシンクロさせて自分で文章を発音します。

 

 

繋がる英語を聞き分ける

ネイティブの発音は、英語独特の「リンキング」と呼ばれる音の繋がりが頻繁に起こり、一つ一つの文章をはっきりと聞き取るのが難しいです。

ビジネスの場においてもこのリンキングに苦労させられることが特に多いです。

会話チェックでネイティブ発音と同時に英語を発話することで、このリンキングを口の動きで理解し、耳でも聞き取れるようになっていきます。

長い表現の場合、ネイティブの発音にかぶせて発音するのはとても難しいのですが、会話チェックで、文字を見ずにネイティブと同じタイミングで、音をかぶせることができるようになるまで発音練習を繰り返します。

この練習をすることで、これまで流れとして聞こえていた英会話文が、一つ一つはっきりと聞こえてくるようになります。

 

シャドーイングでリズムを身につける

会話チェックで発音できるようになったら、次のシャドーイングに移ります。

シャドーイングは、文章を何も見ずに聞こえた音を口でマネするという方法。スタディサプリイングリッシュではこのシャドーイングの練習ができるのが大きなメリットです。

先ほど発音ができるようになっていますので、シャドーイングの項目で、しっかりと音を聞き分けて、聞こえた音を発話してみてください。

ここまでの練習で、実はこの単元に出てくるビジネス表現がほぼ覚えられている状態となります。

この先の練習で、キーフレーズチェック、リード&ルックアップ、瞬発発話プラクティスと進んでいくのですが、シャドーイングまでの練習をしっかり行えば、他の練習は楽々こなせてしまうと思います。

そして、最後にもう一度ディクテーションの練習をしてみてください。

初めに行った時に比べて驚くほど聞き取れるようになっているはずです。

 

新しい表現は1日1個覚える

ここまでご紹介した練習方法を繰り返すことで、ビジネス英語の表現をしっかりと身に着けることができるビジネス英語コースですが、人間は忘れる生き物ですので、練習で学んだ表現をしっかりと定着させることが必要です。

新しく覚えた英語表現をしっかりと頭にインプットするために、1日1表現を目標に、沢山発話したり書いたりして覚えるようにすると、スタディサプリイングリッシュの効果を最大限享受できるかなと思います。

 

※スタディサプリイングリッシュHPはこちら

 スタディサプリEnglish ビジネス英会話

 

1週間の無料体験

スタディサプリイングリッシュのビジネス英語コースは一週間の無料体験が可能です。

無料体験中も全ての単元を学ぶことができるので、とてもおすすめ。

まずは無料体験で自分に合ったツールなのかを考えながら、実際に契約するかを考えると良いかなと思います。

 

※無料体験はこちら

スタディサプリEnglish ビジネス英会話  

 

実践練習なら英会話セットプラン

スタディサプリイングリッシュのビジネス英語コースには、「英会話セットプラン」というプランも存在します。

英会話セットプランでは、ビジネス英語コースで身につけた表現を、そのまま英会話レッスンで実践できるというコースです。

「ネイティブキャンプ」というオンライン英会話教室とスタディサプリがコラボしているコースで、英語の学び、実践するという一連の流れで英語力を飛躍的に高めていけるので、ビジネス英語を実践で使う練習がしたいという場合にとてもおすすめなプランです。

 

※英会話セットプランはこちら

【スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース 英会話セットプラン】  

 

終わりに

この記事では、スタディサプリイングリッシュのビジネス英語コースを効果的に使う方法をご紹介しました。

「ディクテーション」、「会話文チェック」、「シャドーイング」を重視した使用法を実践することで、着実に表現力を豊かにしていくことができると思いますので、是非一度試してみてください。 

 

※ビジネス英語プランで受けられる日常英語コースはこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

※社会人の学び直しにはスタディサプリ高校講座がおすすめ

sumikuni.hatenablog.com

 

 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村