すみくにぼちぼち日記

メキシコ生活や欧米旅行記、語学、大学、美術館について

DELE B1 独学の勉強法とおすすめ問題集-中級スペイン語のテキストと過去問を繰り返し勉強する

スペイン語の基本を勉強し終わった頃に受けたいテストがDELEのB1レベルの試験です。DELE B1はスペイン語中級者向けのテストであり、スペイン語文法を一通り勉強し終えたという場合におすすめなレベル。

この記事では、DELE B1の試験勉強の方法とおすすめな問題集をご紹介します。

f:id:k-heki:20210218062420p:plain

 

DELE B1 独学の勉強法とおすすめ問題集-中級スペイン語のテキストと過去問を繰り返し勉強する

DELE B1の試験は、スペイン語中級レベルの試験で、身近な事柄や学習・仕事に関する内容を理解することができるレベルが必要とされます。

また、既知のテーマや個人的に興味があること、経験、出来事、希望、願望、計画、意見などを表現できるかどうかが重視される試験です。

リーディング・ライティングとリスニング・スピーキングの2つのパートに分かれており、動詞の活用や文法は一通り覚えておくことが必要で、また、試験時間も長いので、長文読解や自然な速さのスペイン語を聞ける能力が必要とされます。

また、A2の試験よりも飛躍的にレベルが上がるので、スペイン語文法は完璧にし、特に長文読解やリスニング、会話に苦手意識が無い状態で試験に臨みましょう。

DELE B1を取得するためには、この2つのパートそれぞれの試験に合格することが必要です。リーディング・ライティングパートで30点、リスニング・スピーキングパートで30点を獲得するのが合格ラインです。

 

リーディング・ライティング

読解:70分、25点

記述表現:60分、25点

 

リスニング・スピーキング

リスニング:40分、25点

スピーキング:15分、25点

 

DELE B1 出題範囲

B1の出題範囲は、時制としては、直接法の現在進行形、現在完了、点過去、線過去、未来形をよどみ無く活用できるよう練習しましょう。

また、不規則活用も頻出しますので、規則活用、不規則活用どちらもしっかりと使えるように練習が必要です。

また、lo、la、le、los、les、seなどの目的格代名詞も出てくるので、しっかり覚えておきましょう。

 

※DELE A2問題のサンプルはこちら 

https://examenes.cervantes.es/sites/default/files/dele_b1_modelo0.pdf

 

DELE B1 勉強法

ここからはDELE B1合格に向けた勉強方法をご紹介します。

勉強方法は下記の5つです。

・接続法現在形までの活用を覚える

・文法を覚える

・語彙を増やす

・ライティングの練習

・リスニングを練習

・会話の練習する

 

接続法現在形までの活用を覚える

B1レベルでは、自分が思ったことをよどみなく言えるくらいのスペイン語能力が必要となり、まずはその中でも一番重要な動詞の活用を覚えます。

動詞の活用は、時制としては直接法現在、現在完了、点過去、線過去、未来、接続法現在を覚える必要があります。

過去未来系と接続法過去形はまだ必要ないレベルですが、この2つ以外の活用は、考えることなく人称によって形を変えられるように練習することが大切です。

ar動詞、er動詞、ir動詞の3つの基本的な規則動詞はもちろんのこと、不規則動詞も頻出です。直説法現在、点過去、線過去、未来、現在完了、過去完了、未来完了、接続法現在形と覚える量は中々多いです。

また、DELEはスペインのスペイン語が基本となる試験ですので、点過去と現在完了の使い分けもしっかりと勉強しておく必要があります。

覚え方は、まず規則動詞の活用をしっかりと覚え、続いてよく使用される基本的な不規則動詞の活用を覚えます。

 

文法を覚える

スペイン語は活用を覚えれば、会話をすることができる言語です。ですので、まずは活用をしっかりと覚えることが大切。

そして活用が身についてきたら、文法を勉強します。

形容詞と名詞の性数一致、疑問文の作り方、アクセント記号のつけ方、発音規則、冠詞、主語の省略、Ser動詞とEstar動詞の違いをしっかりと覚えます。

また、B1レベルでは再帰動詞やlo、la、le、los、les、seなどの目的格代名詞も出てくるので、しっかりと使いこなせることが必要です。

接続法現在形も出てくるため、接続法の使い方はしっかりと勉強します。特に接続法はスペイン語ではよく使用される文法ですので、接続法に関する練習問題をたくさん解くのもおすすめです。

スペイン語の文法を勉強は、まずは『ニューエクスプレスプラス スペイン語』を一通り勉強しましょう。

非常に分かりやすく文法がまとめられており、各単元ごとに会話の本文があるので、文章の中で文法を理解できます。入門書としてはとてもおすすめ。

 

ニューエクスプレスプラス スペイン語《CD付》

ニューエクスプレスプラス スペイン語《CD付》

  • 作者:福嶌 教隆
  • 発売日: 2019/07/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

  

 一通り『ニューエクスプレス プラス スペイン語』を学習したら、中級レベルの文法書で学習し、スペイン語文法をより深く知ることが大切。

おすすめの参考書は『スペイン語文法 ハンドブック』という本。大学の参考書としても使われる良書で、スペイン語の文法の意味を考えながら深く学ぶことができます。

ニューエクスプレスでスペイン語を覚え、こちらのハンドブックでスペイン語を理解し納得する、という方法で文法力をつけていきましょう。

 

スペイン語文法ハンドブック

スペイン語文法ハンドブック

  • 作者:上田 博人
  • 発売日: 2011/03/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

語彙を増やす

動詞の活用と文法を勉強すると同時に語彙を増やしていきます。

文法書に掲載されている新出単語を覚えていくのが一番重要な単語の勉強方法です。

先ほどご紹介した『ニューエクスプレスプラス スペイン語』で出てくる単語をしっかりと覚えます。

ニューエクスプレスの単語を覚えたら、『スぺ単』という単語帳で単語量を増やすのがおすすめ。

私も学生時代に使っていたのですが、このスぺ単をしっかりと勉強すれば、スペイン語での日常会話や少し難しい会話も問題なくできるようになるくらい、必要な単語が網羅されています。

単語量を増やしたいという場合にはぜひスぺ単を試してみてください。

 

スペ単!―頻度で選んだスペイン語単語集(練習問題つき)
 

 

ライティングの練習

DELEのB1レベルになると、しっかりとしたライティングスキルも必要となり、良い文章が書けるかどうかが合否を左右することとなります。

基本的にはDELE B2のテキストを使用して練習すれば良いかなと思いますが、自分が書いた文章を採点してもらえる環境があれば、先生に見てもらったり、スペイン語会話のレッスンで確認してもらったりするのがおすすめ。

一方で、B1の作文では未だ学術的な言い回しや難しい文法を多用する必要は無いので、普段からスペイン語を書いて、スペイン語で文章を書くことに慣れておくということが大切。

例えば、メールやメッセージをスペイン語でやり取りする、TwitterなどのSNSスペイン語を発信、添削してもらうなど、スペイン語で文章を書くことに慣れるように日々スペン語を使うようにしてみてください。

 

 

リスニングの練習

DELE B1のリスニング対策としては、自然な速さのスペイン語に慣れることが大切。

勉強方法は毎日の音読、ディクテーション、シャドーイングの3つです。

 

音読

まずは文法書としてご紹介した、『ニューエクスプレスプラス スペイン語』のCDを聞きながら、毎日音読するしましょう。

音読をすると、口を動かすため、頭に音が残りやすいですし、CDを聞くことでスペイン語の音やリズムに慣れることができるようになります。

 

ディクテーション

慣れてきたら聞いた音を文字に起こす「ディクテーション」を行います。

ディクテーションは耳から入った言葉を書き取る練習方法です。聞いたことをメモする感じでしょうか。

聴いた音を一言一句書き取らなければならないので、リスニング力向上のためにもとても効果の有る勉強方法です。

やり方は簡単。音源を準備して、聞いたことを文字に起こす、という方法。

音源は自分のレベルに合ったテキストについているCDを使うのがお勧めです。まずは『ニューエクスプレス プラス スペイン語』で練習し、その後、DELEのA1やA2の問題で練習するのがおすすめ。

少し難しいので、スペイン語レベルは少し下げて練習すると、ストレス無く練習できます。

ちなみに、仕事ではこの技を一番使います。というのも、外国語で商談をする時には、相手が言ったことをメモしなければならず、聞きながらメモを取るという方法は仕事の基礎となるからです。

外国語の会議の議事録を外国語でとらなくてはならないシチュエーションも多いので、将来スペイン語を使って仕事をしてみたいという場合は是非ディクテーションに力を割いてみてください。

 

シャドーイング

ディクテーションと同じように役立つ練習方法がシャドーイングという方法。

これは聞いた外国語を口に出すという練習法です。できるだけ時差が起こらないように、聞いたら直ぐに発音します。

ディクテーションよりも個人的には難しいと思っている練習方法。というのも、相手が話す速さで自分の口を動かすのは意外と難しいのです。

聞いている外国語が早くなればなるほど同じタイミングで発音するのが難しくなります。

この練習も少しレベルを落として練習するのがコツ。DELE A1 や A2のリスニング問題を使うのがお勧めです。

 

Preparacion DELE: Libro + audio descargable - A1 (Edicion 2020)

Preparacion DELE: Libro + audio descargable - A1 (Edicion 2020)

 

  

会話の練習をする

DELEは読む、書く、聞く、話すの4技能を測定するテストですので、会話の練習も大切。

特にB1レベルとなると、長い文章を自分で組み立てて話すことができるレベルが求められますので、事前にスペイン語を実際に喋る練習を行うことがとても大切です。

 

音読

まずスピーキングの基礎となるのが音読です。

音読は毎日寝る前に欠かさず行うのがおすすめ。口を動かす練習になり、スペイン語のリズムを身につけるのにも最適な方法です。

CDなどを持っている場合は、音源を聞きながら音読を行うのが効果的です。

先に紹介した『ニューエクスプレス プラス スペイン語』の最後のほうの章を何度も読み込むというのがおすすめ。まずはスペイン語のリズムを体に染み込ませることを意識して音読を毎日行ってください。

 

作文

ライティングの練習とも被るのですが、リズムや口を動かす練習で外国語を発する練習を行うと同時に、作文でアウトプットの練習を行います。

いきなり自分でスペイン語で話すことができるといいのですが、中々難しいので、まずは紙に書いてみることで、インプットした単語や表現方法をアウトプットすることができます。

作文は日記のようなものからメールやSNSなど、何でも良いので自分の文章を書いてみると良いと思います。

 

独り言

作文などと平行して、独り言を言うのも良い練習方法です。

暇があればひとりでスペイン語をつぶやきます。

新しく覚えた表現や単語などを使って見えたものを説明したり、考えたことを言葉にしたりして、スペイン語で考えて外国語で話すという練習を行います。

私も、出かけた時などに自分の周りで起こっていることを外国語で実況中継したり、家の中で一人でスピーチしたりと、独り言の練習をよく行っていました。

B1レベルでは、少し長めの文章を作るために、queでつないで接続法を入れてみるなど、自分が勉強したことを沢山使って独り言を沢山つぶやいてみてください。

独り言はいつでも何処でもできる手軽な練習方法で、頭の中を整理するのにもおすすめな方法なので是非試してみてください

 

オンラインスペイン語会話

B1レベルの会話練習では、一人で練習した上で実際にスペイン語話者と会話練習することが欠かせません。ネイティブが話す言葉を理解し、即座に返答するという練習を繰り返し行います。

現在はオンライン語学教室などが多く存在していますので、スペイン語会話の練習には最適。場数を踏むという意味では少なくとも1ヶ月くらいは練習するのがお勧めです。

ちなみに、DMM英会話 は、オンライン英会話教室ですが、ラテン系の講師が多く在籍しており、お願いすればスペイン語会話をしてくださることもあります。

値段も割安で毎日レッスンが可能なので、個人的にはおすすめ。

また、英会話教室というだけあって、先生方も英語を教える気持ちになっているのですが、スペイン語会話がやりたいとお願いするとすごく喜んでいただけることが多く、こちらも嬉しくなります。

事前にリクエストも送れるので、DELE B2の練習をしたいと連絡しておくことで、そのレベルの会話に合わせてくれるはずです。

オンライン英会話での会話練習でも、できるだけ長い文章を作るように心がけてみてください。本番は無理に長い文章で反す必要は無いのですが、練習ではできる限り知っている文法を使ってみることが大切。 

「Yo creo que es importante.」ではなく、「Yo no creo que sea importante.」と敢えて接続法などの難しい文法を使って、スペイン語に慣れるということもとても大切な練習です。

 

※DMM英会話のHPはこちら

 DMM英会話ホームページ

 

※DMM英会話のスペイン語会話の記事はこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

ちなみに、実際に、私もポルトガル語など英語以外の会話をDMM英会話でお願いしたことがあるのですが、ブラジル人の先生が快く引き受けてくださり、素晴らしいレッスンを受けることができました。

スペイン語の会話練習ができる語学教室やオンライン語学教室を探すのは結構大変ですので、是非一度DMM英会話でスペイン語のレッスンを試してみてください。

 

※DMM英会話でのポルトガル語レッスンについてはこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

DELE B1 おすすめ問題集

文法や単語、リスニングなどの練習をしながら、実戦形式の問題集に取り掛かります。

おすすめ問題集はDELEの公式問題集『Preparacion DELE』という問題集です。

DELEを受ける場合に必ずと言ってよいほど使用される問題集で、DELEの雰囲気そのままの生きた問題を練習することが可能です。

また、CDもついているので、リスニング対策もできるのが嬉しいところ。

一通り文法や単語を勉強したら、こちらの問題集を3回り解いてみてください。また、問題集にわからない単語や文法が出てきた場合はその都度覚えるようにすると良いかなと思います。

 

  

終わりに

この記事では、スペイン語の4技能を測定するのに最適な試験DELEのB1レベルに挑戦するときの勉強方法をご紹介しました。

スペイン語中級レベルの試験で、身近な事柄や学習・仕事に関する内容を理解することができるレベルが必要とされます。

また、既知のテーマや個人的に興味があること、経験、出来事、希望、願望、計画、意見などを表現できるかどうかが重視される試験です。

対策は、直接法現在、現在完了、点過去、線過去、未来、接続法現在を覚える必要があります。過去未来系と接続法過去形はまだ必要ないレベルですが、この2つ以外の活用は、考えることなく人称によって形を変えられるように練習することが大切。
また、再帰動詞やlo、la、le、los、les、seなどの目的格代名詞も出てくるので、しっかり覚えておきましょう。

DELEはリスニングとスピーキングも重視される試験です。普段からのリスニング練習や独り言・作文練習に加え、オンライン語学教室などを利用してスペイン語会話をスムーズに行えるよう練習してみてください。

 

※DELE A2の勉強方法はこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

※3か国語話すための練習方法はこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

スペイン語と英語の比較記事はこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村