すみくにぼちぼち日記

メキシコ生活や欧米旅行記、語学、大学、美術館について

英語の会話練習はネイティブがいい?-英会話力アップはレベルに合った先生選びが鍵

英語を勉強する時、英会話の先生はネイティブが良いというイメージがありませんか?一方で、ネットなどではネイティブは良くない、という意見を目にすることも。また、同じ先生に見てもらうのがいいのか、毎回違う先生とレッスンするのがいいかも悩みどころです。

実は、英会話のレベルを上げるためには、会話練習をする先生選びがとても重要なのですが、どのような基準で先生を選べばいいのか纏まった情報を手に入れるのは難しいのが現状です。

この記事では、そんな英会話の練習をする先生の選び方について、英語学習のレベルごとに、どのような先生と英会話レッスンを行うのが良いのかをご紹介します。

f:id:k-heki:20200601031127j:plain

 

英語の会話練習はネイティブがいい?-英会話力アップはレベルに合った先生選びが鍵

英会話教室に通いたいと思ったとき、また、オンライン英会話でレッスンを受ける場合に、一番悩むのが講師の選び方。

英語を学ぶならネイティブが良い、講師は毎回変えたほうが良い、など、様々な意見が飛び交っています。

この記事では、英会話の先生を選ぶ際に、初級、中級、上級で、どのような基準をもとに講師を選ぶと力につながるのかについて、英会話のレベルごとにご紹介します。

 

英会話初級はネイティブか日本人の英語教授法修了者

英会話初級の場合、発音の矯正や基礎表現の繰り返し練習が主体となります。

その為、講師を選ぶときには発音の理論が分かっている英語教授法を修めたネイティブか日本人講師がお勧めです。

その理由として、英会話初級ではまずフォニックスという、アルファベットをどのように発音するのか、その発音の時に口の形はどのようになっているのか、などを理論に基づいて繰り返し練習する必要があるからです。

この練習の大切なところは、理論に基づいて練習するというところ。したがって講師には必ず英語教授法を修めた講師にレッスンをお願いしたいところ。

また、英語学習者(非ネイティブ)よりも英語教授法を身につけたネイティブがお勧めです。理由は実際に発音を聞くことができるからです

同時に、日本人講師もおすすめ。というのも、日本人講師は日本人がどのような発音が苦手で、どういう風に発音矯正の練習をすればいいのかを熟知しているから。理論的に発音や表現を練習できる環境を作ることが得意な講師を選びましょう。

毎回違う講師でも良いし同じ先生でも良い

レッスンですが、初級の場合は毎回違う講師で問題ありません

最初は挨拶や日常の定型文を繰り返し練習することがとても重要。深い話をするわけではないので、レッスンが始まったら前回のレッスンで覚えた表現を積極的に使用して、反復練習をおこなうのがベストです。

講師によって異なった表現を教えてくれたりもしますし、同じ講師が色々な表現を教えてくれたりすることもあるので、連続して同じ講師を選ぶことはそこまで重要ではありません。

重要なことは覚えた表現を積極的に使うこと、そして、覚えたほうが良い表現を沢山学ぶことです。

 

※英会話のコツはこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

英会話中級は英語学習者か英語教授法修了者

f:id:k-heki:20200601033738j:plain

英会話中級になると、発音矯正や定型文の反復よりも自分で文章を組み立てる練習が必要になります。その場合、講師の発音に関しては全く気にする必要はありません。

講師の選び方は、英語を学習者の視点で、文章の組み立てをサポートしてくれる講師を選びます

つまり、ネイティブである必要は全く無く、個人的には同じく英語学習者の気持ちが分かる非ネイティブがおすすめ。それは日本人でもいいですし、外国人でもいいです。

自分がどういう表現を作りたいかを理解し、自分の表現をサポートしてくれる講師を選びます。

また、基本的におしゃべりな講師は英語の中級時点では選ばないほうがいいです。自分が上手く話せなくても、自分の話に耳を傾けてくれる講師を見つけましょう

英会話中級で相手が沢山話す講師だと、英会話の練習にならず、リスニングの練習になってしまいます。リスニングは個人で練習できますので、英会話の練習では自分の発話を促してくれる先生を見つけることがレベルアップへの最短の道です。

良い講師と1年は同じ講師と勉強したい

自分の話を頷いて聞いてくれる講師と出会えたら、1年は同じ講師とレッスンしてください。重要なのは会話の連続性です。自分のことを深く知っている講師とは、会話を積み上げていくことができます。

一方で、毎回「はじめまして」から会話が始まるレッスンは、会話が積み上がっていかないので、お勧めしません。

定型分の練習は必要ないので、自分で会話を積み上げていけるように長い期間同じ講師とレッスンを行うと力がついていきます。

 

英会話上級は面白い経験をしてきた人と会話を楽しむ

f:id:k-heki:20200601033030j:plain

英会話上級の講師の選び方は、「面白い経験をしてきた人」です。

このレベルなら自分の発音や文の組み立てについて教えてもらう必要が無くなっているので、ワクワクするような話ができる講師を選びましょう

例えば、海外からの国費留学生や、大学院生、何かの道を究めた講師、海外経験が多彩な講師など、会話を通して自分の世界を広げてくれる、人生の師となるような講師と出会えれば最高です。

私は長い間語学を学んでいますが、英語、スペイン語ポルトガル語の上級レベルの会話練習で出会った方々から本当に色々なことを学び、今の人生に大きく影響を与えてもらいました。

レッスンをしてもらってから10年ほど経ちますが、国の代表として国連会議に参加している方、大学の教授となられた方、弁護士として活躍されている方など、素晴らしいご活躍をされており、当時のレッスンでも本当にいろいろなことを学ばせていただきました。

英会話のレッスンも上級レベルで受ける場合には、「講師の方と会話することで何を得て、自分が何を発信できるのか」という視点で講師を選ぶと良いかなと思います。

1回きりでも連続でも良い-沢山の講師と深い話を

英会話上級レベルでは、講師が毎回変わったり、ずっと同じ講師だったりということは全く関係なくて、話していて自分と意見交換ができて、互いに尊敬し合える関係を作ることができれば、最高の英会話になると思います。

上級レベルでの英会話は、沢山の講師と深い話をしたいという気持ちで講師を選ぶと良いのかなと思います。

 

終わりに

今回は、英会話の練習をしたいと思ったときに、どのような講師と練習するのが効果的なのかについて、初級、中級、上級とレベルごとに講師の選び方をご紹介しました。

自分がレベルアップするには何が足りていないのか、どのような練習をするべきなのかを考えながら、自分の英会話力を最大限向上させることができる講師選びを是非実践してみてください。

 

※外国語会話練習方法はこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村