すみくにぼちぼち日記

メキシコ生活や欧米旅行記、語学、大学、美術館について

海外駐在における年齢別役割の変遷-20代, 30代, 40代, 50代と変化する仕事内容と役割

海外駐在と一言で言っても現地で求められる役割は役職や職種、更には年齢など、様々な要素によって大きく異なっています。 

今回は海外駐在員として働く場合に、特に年齢によって求められる役割の違いについてご紹介します。

f:id:k-heki:20200706065731j:plain

 

海外駐在における年齢別役割の変遷

海外駐在として海外に赴任となったとき、年齢(経験)によって、求められる仕事が異なってきます。

特に若手と呼ばれる20代では研修としての駐在や一担当者としての駐在の場合が多く、一方で、経験豊富な40代、50代ではGM(ジェネラルマネージャー)や現地法人社長としての立場で赴任することが多いです。

本記事では、海外駐在として海外に赴任するときに年齢や経験によって求められる役割の違いについてご紹介します。

 

※海外駐在の一般的な仕事内容はこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

20代の若手駐在員に求められる役割

20代前半で海外駐在する場合、一担当者もしくは研修生としての役割で駐在することが多く、20代後半ではチームリーダーとしての役割を担うことが多いです。

一方で例えばベンチャーなどで海外に行く場合には若くても重要な役割を担うことが多いと思いますが、今回の記事では、より一般的な見地から役割をご紹介します。

 

20代前半は一担当者または研修生

20代前半で海外駐在する場合、特に大卒や大学院卒の場合には、即戦力と言うよりも将来への投資という意味合いが大きいです。

例えば一担当者として海外で経験を積ませる、研修生として成果物ではなく成長を求めて駐在させる、という意図で会社が駐在員を送り出すことになります。

駐在員として考えるべきことは何よりも自分が担当者として結果を残し、海外での経験を少しでも自分の力に変えるということです。

したがって、20代前半では先ずは自分の仕事に100%注力することを考え、常に100%の結果を出すように努力することが大切です。現地スタッフと同じ役割で赴任することもあるので、現地のスタッフから学ぶという姿勢も大切してください。

お給料や待遇面では、特に研修生という立場では、通常の海外駐在の規定と比べて差がつけれていたりすることもありますが、学びに来ているという感覚を大切に、多くのことを吸収できるように努力することが大切であるといえます。

 

20代後半はチームリーダーや管理職

20代後半での赴任はチームリーダーや管理職を任されることになります。

会社の規模、配属される現地法人の人員構成などにもよりますが、自分の仕事+αで、現地スタッフの管理などを行うこととなります。

私は27歳で海外駐在員となりましたが、規模が小さく日本人が2人しかいない新しい現地法人に出向したため、役割は営業・総務部の部長となっています。

一方でより大きな現地法人に出向している先輩は、日本人も多い環境の為、特にチームリーダーという役割を担っています。この辺に関しては配属される会社の人員構成が大きく影響してきます。

さて、チームリーダーや管理職として配属されたときに心がけたいところは、自分の仕事を自分だけで完結させないこと。組織を管理する役割で赴任しているので、組織の管理に重点を置いて仕事を行うことが重要です。

一担当者として仕事を行うのではなく、それぞれの担当者を管理し、導く、と言うのが求められている仕事です。

 

※駐在後2年間で行った仕事についてはこちら 

sumikuni.hatenablog.com

 

30代は部門長としての海外駐在

30代になると、20代後半に比べて更に高いレベルでの管理を求められます。私も20代後半で赴任してきた当初はプレイングマネージャーという立場で管理と担当地域の仕事を行っていましたが、30代になってからはより管理の仕事に注力するようになりました。

ある程度の経験を積んだ30代では、自分の担当する仕事は極力減らして部下に仕事を教え、権限を持たせ、それぞれの担当に考えさせて、その考え方についてアドバイスを行う、という仕事へと変化します

自分自身が手足を動かして行う仕事は減っていきますが、一方で自分が部下と一緒にチームとして動かす仕事数は2倍、3倍、4倍と増えていき、仕事の成果も大きく飛躍させることができるようになります。

ここで重要なことは、20代のときのような、自分で率先して仕事を行うスタイルから、自分は動かずに部下に任せるスタイルに変えていくこと。

自分ひとりでできる仕事は限られますが、チームでできる仕事は無限大です。ですから、できる限り仕事を任せて、自分はアドバイスと決断、そして責任を負う、という3つの仕事に注力することが重要です。

 

※海外駐在で仕事を任せる重要性についてはこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

40代50代の海外駐在はGM現地法人社長として

40代、50代で赴任する場合には、その組織のトップ、GM現地法人社長としての役割を任せられることになります。

GM現地法人の社長と言うことで、仕事の内容は会社の運営です。特に財務状況の管理、設備や人事面での管理などがメインの仕事となり、自分自身が動いて仕事を行うということはほぼありません。

部下が行った仕事の良し悪しを判断し、決断・決定することが仕事の大半となります。

営業職であってもオフィスを離れることもあまり無く、工場がある場合にも工場に実際に出て仕事を行うよりも、上がってくる報告を聞いて、必要なときに必要な助言を行うことが仕事となります。

また、部下が作成した書類をもとに本社との打ち合わせを行ったり、本社への報告業務を行うことも重要な仕事です。

私は部下の立場で現地法人の社長を見ていますが、とくに本社との打ち合わせや報告業務でが忙しそうで、大変そうな仕事だなと思っています。

駐在先で出会う社長さんたちも土日に集まったときなどには財務関係の話などを行っている印象です。

 

終わりに

今回は海外駐在における年齢別の役割についてご紹介しました。

駐在員の年齢や経験によって駐在員が求められる仕事内容も大きく異なる海外駐在ですが、駐在先の会社で自分が実現していかなければならないことを念頭において、日々の仕事を行っていくことで、駐在員としての仕事もスムーズに行うことができるようになります。

 

※海外駐在の気晴らし方法はこちら 

sumikuni.hatenablog.com

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村