すみくにぼちぼち日記

メキシコ生活や欧米旅行記、語学、大学、美術館について

ロシアの秘宝エルミタージュ美術館作品紹介!西洋絵画コレクションが見所-エルミタージュ美術館 ロシア サンクトペテルブルク

世界三大美術館の1つとも言われるエルミタージュ美術館。ロシアのサンクトペテルブルグにある美術館で1700年代半ばから女帝エカテリーナ2世のコレクションが飾られるようになりました。今回はエカテリーナ2世の至高のコレクションを展示しているエルミタージュ美術館をご紹介します。

f:id:k-heki:20190906060335j:plain

エルミタージュ美術館

 

エルミタージュ美術館の作品

エルミタージュ美術館にはレンブラントティツィアーノなど、多くの有名画家の作品が展示されています。

 

エルミタージュ本館の歴史画・宗教画

はじめにご紹介するのはクリスティアーナ・ロバートソンが描いたマリア・アレクサンドロヴナの肖像画。アレクサンドロヴナはロシア皇帝アレクサンドル2世の皇后だった人物です。

f:id:k-heki:20190906061049j:plain

クリスティーナ・ロバートソン【エルミタージュ美術館

 肖像画の楽しみ方はこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

続いてエル・グレコの作品の「使徒ペトロとパウロ」です。エル・グレコはスペインのフェリペ二世の治世に活躍したギリシャ人画家。マヌエリスムという全体的に引き伸ばしたような画風が特徴の画家で多くの宗教画を残しました。

どちらもキリスト教の12使徒と呼ばれる重要人物です。ペトロの有名なエピソードとして次のものがあります。

キリストが捕まる前にペトロは「貴方は私のことを知らないと3回言うでしょう」とキリストから予言されます。ペトロは「そんなことありません」と否定するのですが、キリストの捕縛後、キリストの裁判まで、そして裁判中にあわせて3度「貴方はキリストの弟子でしょう?」と周りの人々に尋ねられます。そしてそのたびに「私は知らない」と答えてしまいます。その三度目の否定をしたときに彼は「自分はとんでもないことをしてしまった」と自分の行いを悔いる

というお話。聖書に馴染みがない日本人でも耳にしたことがある気がするエピソードです。

f:id:k-heki:20190906060953j:plain

エル・グレコエルミタージュ美術館

グレコの愛したトレドの記事はこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

最後にご紹介するのはレンブラント作の「ダナエ」。ダナエの主題はギリシャ神話です。ダナエが生まれる前、父であるアクリシオスは神の神託を仰ぎます。すると「お前は孫に殺される」という神託が下りました。アクリシオスは恐れおののきダナエを塔に幽閉するのですが、ギリシャ神話の神様であるゼウスが見初め、黄金になってダナエに降り注ぐ。するとダナエは男の子を身ごもってしまったのです。

アクリシオスは断腸の思いで二人を島流しにするのですが、生まれた子はペルセウスという英雄。メデューサ(ゴルゴンの首)を退治したり、アンドロメダを救ったりしながら最終的に母国アルゴスへ帰還しました。

アクリシオスは殺されるのを恐れて家督を譲り、隠居し、姿を暗ませるのですが、ある日開かれた円盤投げ大会でペルセウスが投じた円盤が老人に当たり、老人は死んでしまいます。そしてその老人こそがアクリシオスその人だったのです。

f:id:k-heki:20190906060427j:plain

レンブラントエルミタージュ美術館

 エルミタージュ新館は近代絵画

エルミタージュ美術館の反対側には新館が立っており、そちらでは近代絵画を鑑賞することができます。

こちらはルノワール作の「ジャンヌ・サマリーの立像」。ジャンヌ・サマリーは当時の女優で、他にもルノワールのモデルとして彼の作品に登場しています。

ルノワールエルミタージュ美術館新館】

続いてモネ作の「タンドレスの庭」。モネが描く風景は本当に美しく、癒されました。

モネ【エルミタージュ美術館新館】

エルミタージュ新館には他にもドガゴッホマティスなどの作品も展示されています。

内装の壮麗さはヨーロッパ随一

多くの作品が揃うエルミタージュ美術館ですが、その内装もとても美しく息を呑むほど。

f:id:k-heki:20190906061213j:plain

エルミタージュ美術館 天井画

絵を見て感激するのと同じくらい内装のすごさに感動しました。

f:id:k-heki:20190906061323j:plain

エルミタージュ美術館

兎に角豪華絢爛。

f:id:k-heki:20190906061408j:plain

エルミタージュ美術館

こちらはピョートル大帝の偉業を称えて製作された玉座です。

f:id:k-heki:20190906061458j:plain

エルミタージュ美術館玉座

目に入るもの全てに圧倒されたエルミタージュ美術館でした。

 

終わりに

今回はエルミタージュ美術館をご紹介しました。エルミタージュ美術館では本当に多くの名画が展示されており、そして何よりもその内装の豪華さに感動すること間違いなしですので、ロシア御旅行の際は是非エルミタージュ美術館に足を運んでみてください。

 おまけ

エルミタージュ美術館ですが、チケット購入にものすごく並びます。ですが、一番初めの写真の門を抜けたところに自動券売機が設置されており、券売機には誰も並んでいません。思い切って券売機(クレジットカード可)を利用してみてください。入場券を購入できます。その入場券を持って行列に並ばずに入り口まで行くと、待ち時間無しで入場できます。

 

ウラジオストクはこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

※ロシアのモスクワはこちら

sumikuni.hatenablog.com

 

 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村